« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

自作キャラ図鑑

Tamanegi_boy

【たまねぎぼうや】
分類:哺乳類 霊長目 ヒト科
学名:Homo sapiens sapiens
分布:畑など
体長:成長期
特技:ジャンケン

富山県の農家に生まれ育つ。おばあちゃん子で、小学校に上がるまでは毎日ナスのお漬物ばかり与えられていた。物心ついたときから、そのたまねぎのような形状の顔にコンプレックスを抱いていたという。かつては目の澄んだあいくるしい少年だったが、そのたまねぎに酷似した顔ゆえ、近所の子たちにいじめられ続ける日々を送る。その結果、今ではすっかり目つきが悪くなってしまった。自分の心を支えるのは「偏差値」のみ、と豪語し、9歳にして難関私立大の問題集を解きまくるという天才的一面もある。

持ちネタ




コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?


今日は、カラオケの持ちネタと、豆知識を軽く。


・「はじめてのチュウ」
サビの、
♪はじめてーのーチュウ♪ ウフフー ♪きみとチュウ♪ ウフフー
この「ウフフー」が大事です。
当然、声真似で歌います。

歌い手は“あんしんパパ”さんというのは有名ですが、
“あんしんパパ”さんがあの機械音のような声をしているわけではなく、
作詞、作曲を担当された実川俊晴さんが普通の声でゆっくり歌ったものを、
機械で速度を速めたものだというのはご存知でしたか?
jp.youtube.com/watch?v=DcBlVUJnab0&feature=related

特徴的な声ばかりが気になってしまう「はじめてのチュウ」ですが、
バリトンの声の持ち主が甘ーく歌うと、
なんだかすごくキュンとする曲に聞こえるのです。
周りにそんなバリトンボーイがいる方、
もしくは我こそはそんなバリトンボーイという方、
ぜひお試しあれ。


・「花子さんがきた!」
♪ほわほわほわほわ花子さ~ん♪
一度耳にしたら忘れられない衝撃の声と歌詞。
10~15年くらい前にポンキッキーズ(ポンキッキ?)でやっていました。
http://jp.youtube.com/watch?v=SqsIufD55cI
歌詞の通り、花子さんというおばけの女の子が、
みんなのピンチに駆けつけて助けてくれる、というアニメです。
おどかすはずのおばけがみんなのヒーロー、
しかし顔はおばけよろしく不健康極まりない様相。
実にシュールな子供番組と言えましょう。

こちらも当然、声真似で歌います。


・「ピピカソ」
同じく、10年以上前のポンキッキーズ(ポンキッキ?)にて。
http://jp.youtube.com/watch?v=KZqznLNgUbk
↑見てください。
MAYAMAXさんのいい具合のイラストと、
わけのわからない歌詞、ハイトーンボイスの絡まり具合が絶妙です。
♪ダリ ローランサン セザンヌ♪のラップ(?)の部分は、
Youtubeで50回くらいリピートして聞いて完璧に言えるようになりました!


・「プリン賛歌」
NHKのアニメ、おじゃる丸の曲。
おじゃる本人が歌い、途中電ボが掛け合いを入れます。
放送がNHKだからか、動画は発見できず・・。
(おじゃるが歌っているものではなく、別の声で作られた動画はありますが)
おじゃる声は声質がかなり近いので、ハイクオリティでモノマネできます。


・「持ってけ!セーラーふく」
おなじみ、「らき☆すた」のヒットソング。
これ、一見簡単に聞こえるのですが、なかなかの難しさ!
相当、口が回ることを要求されます。
息つぎのタイミングも難しいため、肺活量も多いとベター。
http://jp.youtube.com/watch?v=mFSt8CqMj-w
アニメの声優さんが4人で歌っている曲ですが、
苦しそうな様子がまったく出ていないのがさすがプロです。


その他、
・「ハレ晴れユカイ」
・「崖の上のポニョ」(振り付き)
・「UFO」(ピンクレディー)(振り付き)
・「ペッパー警部」(ピンクレディー)(振り付き)
あたりも持ちネタ。

芸は身を助く、ということで精進してまいります。

Kyu_kon

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

【仕事経歴】

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ