« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

東上野の街を歩いた

狂気を感じた。


上野駅を出て、西に行けば動物園やアメ横、マルイなんかもある。実に平和なレジャースポットといったたたずまいだ。ところが駅から東、マルイの大きなビルに対抗するようにして建っているのは、パチンコ業界最大手「ヘイワ」のビル。「ヘイワ」という名前は西側の穏やかな空気に向けた皮肉のようにも感じる。


どうやら東上野は、パチンコ関連の会社が立ち並ぶことで有名らしい。上野には何度も行ったことがあるはずなのに、なぜ今まで気がつかなかったのか。


この街作りには、どこかとち狂った印象を受けた。東側に広がる闇を、無理矢理隠すかのように作られた西側の街。西側と東側、どちらが先に発展したのかは知らないが、動物園で子どもが喜び、アメ横で中学生が遠足にいそしむ隣で、数え切れないほどのパチンコ関連会社が黒い話をしているのだろうか。光と闇、表と裏、明るさと暗さ、それを分かつ首都高。そこにあるのは狂気。

 

東上野には、パチンコ会社が立ち並ぶだけではなく、それを囲むようにしてコリアンタウンが展開している。この一画にも、ある意味での狂気、異様なまでのリアルさが醸し出されていた。


大久保駅付近にも有名なコリアンタウンが広がるが、そこではやれヨン様だ、やれ韓国グッズだ、と町全体がお祭り騒ぎである。所狭しと並ぶ韓国料理店も、きらびやかな電飾が施され、あの雰囲気はまるでアミューズメントパークのようだ。大久保ではすべてが、“コリアンタウン”感を出すべく演出されている。


ところが、東上野のコリアンタウンには、“作られたコリアンタウン”風味が一切感じられない。家具屋、食材屋、焼肉屋、とつらなる店は、そこに住む人々の生活が根付いているようだった。過剰なまでの電飾演出はどこにもない。想像していたよりも静かすぎて、そこがあまりにもリアルだった。



東上野の街では、今日も静かに、狂気とリアルが共存している。


『ムダマン』新作公開しました!

今月も、新作が公開されました!
※『ムダマン』とは何ぞや・・という方はこちらの記事をご参照ください。

http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-67c2.html
http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-ac88.html

 


今回は第11話~第18話までの公開です。

マガジンハウスのWEBダカーポ内での掲載はこちら↓
http://webdacapo.magazineworld.jp/creators/4921/#/episode/11/

マガジンハウスのWEBダカーポ内での掲載のお知らせ記事はこちら↓

http://webdacapo.magazineworld.jp/cultures/culture/5963/

 

Youtubeにもアップされています。

おなじみのあいつが説明するぜ
http://www.youtube.com/watch?v=tcLYVxKsRkU

変態おばあちゃんあらわる
http://www.youtube.com/watch?v=pNT8G4GKkB0

背景に注目!
http://www.youtube.com/watch?v=T_P4PcXFfmw

ご想像におまかせします
http://www.youtube.com/watch?v=Y2fF6SkugEk

何の映画か分かりますか?
http://www.youtube.com/watch?v=KCGyYJ3pyOg

ラップ魔人はお前しかいないだろう
http://www.youtube.com/watch?v=SUf8sQBuKI4

ザ・シュール!
http://www.youtube.com/watch?v=f3AIR5i2xJs

悪いのはこの男尊女卑の世の中よ!
http://www.youtube.com/watch?v=GHhqNLhAKug


2010年3月までに100話!
よろしくどうぞ!

Photo_3 Photo_5 Photo_6 Photo_7

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

【仕事経歴】

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ