« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

フリフリなめ子先生

この森ガール記事の仕事で、辛酸なめ子先生に取材する1ヶ月ほど前のお話。


10月某日、満月に向かって財布を振るイベントにて、
大好きな辛酸なめ子女史に初めてお会いしました。
ワーイ。

以前、2回ほどWEB媒体で記事にしたあのイベントです。↓
(執筆スタンスがそれぞれ全然違いますが、同じイベントの話ですよ)

『Age』特別取材! 「金活」女子が続出! 金運アップの秘訣とは…!?
http://webdacapo.magazineworld.jp/lifestyles/9916/

婚活を捨てた女子が走るのは金活!?
満月に向かって金運を願う、フリフリーゼの会に潜入!

http://www.cyzowoman.com/2009/08/post_819.html

なめ子さん、祥伝社『nina's』の潜入取材だったそうで、
本当はお会いした直後に書きたくて書きたくてウズウズしていましたが、
念のため、時期をずらしました。

好きな気持ち全開の、前のめりな勢いで話しかけたせいで、
なめ子さんをあたふたオタオタさせてしまいました。
すみません。うっかり。

Nameko
手前に見えますのが、なめ子先生の手にございます。
こっそり写メ。

しかし、このイベントの公式ブログに、
私がなめ子先生の手(と財布)を隠し撮りしている様子が
バッチリ載ってますね・・・。隠し撮りを隠し撮られましたね。不覚。
http://ameblo.jp/kinkatsu/entry-10357417214.html
ミイラ取りがミイラになるとはこのことや(違う)。

森ガール、会った、聞いた、なってみた。

先週は「森ガール」一色な日々を過ごしました。
「SPA!」にて森ガール特集を担当し、
のべ20人の森ガールとたわむれました。
道端キャッチにて数名の森ガールの捕獲にも成功。


そんな「SPA! (11/24号)」、今日発売です。
あの、表紙が赤っぽかったり黄色ぽかったりするやつ。
巻頭ページはもちろん水着のおねえさんです。週刊誌ですからね。
「spoon.」でも「ナチュリラ」でもなく、
「週刊SPA!」での森ガール特集。
いろんな意味で読みごたえアリです。

もう森ガール森ガール打ちすぎて、
当パソコンは「も」と打つだけで
「森ガール」と一発変換できる仕様に。

特集は3人チームでつくりました。
同い年の担当編集さんは、初めて会ったのに
10年来の友かヨ!くらい気が合って楽しかったです。
私は「これが迷惑森ガールだ!」みたいなミニコラム書いています。

あと、森ガールコスプレして、
でかでかとモデル(イメージ写真)もしてます。
都内某所で緑とふれあい、森ごっこ。
面白すぎた森ごっこ。
コスプレ、というか、森ガール衣装は、
家にあった服ですべてまかなえたので、
さしずめ私も「森ガール」だよね、という結論に。
「森ガール(笑)」とかカッコワライ付けてる場合じゃありませんね。

「ふあふあの えほんの世界 とびらをあけたよ・・・」みたいな
謎のポエムが添えられています。
むしろ、ポエムの一部は自ら添えたというこの悲しさ。
併せてお楽しみください。

そして、何が嬉しいって、
敬愛する辛酸なめ子女史のインタビュー記事と
同ページで執筆&写真が載った、という事実。
(特集内で、なめ子さんに「森ガール」
について語っていただいています)

  →「WebSPA!」の編集部日記もどうぞ


明日か明後日くらいには『サイゾー12月号』も発売。
「新卒採用試験でガンプラ製作!?」 みたいな記事を書きました。


そして、先月、胃袋パンパンになりながら取材を敢行した
『絶品!大人のB級グルメ 冬の陣』も発売中!
一番つらかったのは、怒涛のアポ取りでもなく、
締切ギリギリすぎる原稿執筆でもなく、
撮影した料理を残さず食べることでした。
もう胃袋爆発するかと思いました。
今年もあとひとふんばり。フガフガと多方面で頑張ってまいります。

CIRCUS(サーカス)2009年12月号増刊 絶品!大人のB級グルメ冬の陣 2009年 12月号 [雑誌]BookCIRCUS(サーカス)2009年12月号増刊 絶品!大人のB級グルメ冬の陣 2009年 12月号 [雑誌]


販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サカモト教授・初のワンマンライブへ

以前、サイゾーで取り上げた「サカモト教授」
取材したときから楽しみにしていたワンマンライブへ行ってきました。

天才です。何がすごいって、再現の芸が細かいのなんの。
ドラクエでは、コマンド入力音から始まり、
パスワードを忘れたときの呪われし音、
戦闘の勝利音、レベルアップとあますところなく鍵盤で再現。

私も長いことピアノをやっていましたが、
ゲームの曲はテンポが速かったり、
細かい音が多かったりで、
そこらのクラシックよりもよっぽど弾くのが難しいんです。
ちなみにド負けず嫌いなわたくし、
自分がちょっとでもできると思っている分野に関しては、
そうそう人を認めませんし、認めたくありません。
ピアノは音大行くレベルでないと認めませんよっ!
ですが、サカモト教授はすごいです。手放しで。
「サカモト」か「のだめ」かって話ですよ。
音大出身ではないはずですが、
行こうと思えばさらっと行けたのでしょうね。

心残りは以下2点。

・翌日に予定があってライブ後のファミコン大会に参加できなかった
・当日デジカメを持っていき忘れて何も写真を撮れなかった

ちなみに、「サイゾー」での取材のときに聞いた話で、
文字数の関係で記事には載せられなかったのですが、
あんなにピアノが巧いのに、絶対音感があるのに、
まったく音楽家庭ではないそうです。
そればかりか、ライブでのMCによると
かーちゃん天然だとか。
息子が頭にファミコンのせてても、
「あんた何、東京で今それ流行ってるのー」と。
かーちゃん、いいよ、ナイスキャラ。
突然変異!? なぞ、遺伝子。


☆アルバム「INSERT」もAmazonにて発売中☆

INSERTMusicINSERT


アーティスト:サカモト教授

販売元:サカモトレコード

発売日:2009/10/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

【仕事経歴】

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ