« ターナッカヒーロッカーズー♪ | トップページ | 念願の「ルイーダの酒場」へ »

こどちゃ絶賛(再)ハマり中

♪比叡山の叡の字は~
とわいちはーはーめまた
なんだよ♪


今、なぜか再びハマってるのが
「こどものおもちゃ」!(のアニメ)
原作ももちろん好きだけど、このアニメがまた傑作で。

ちなみにあらすじはこちらでどうぞ(wiki)

で。
ここ数日、Amazonに売り出されてた中古DVDを
ポチポチクリックしまくって、
夜な夜な観まくる日々を送っております。
ここんとこ、色々苦しいことばっかりで、
最凶に人生のどん底だからね!
どん底ついでにドカッと無駄遣いさ!
これぞ大人買い!大人になってからの買い!
大人になってからのストレス解消買い物!
(原稿が全然進まないのもこのせいだ)
でも、神回の『33話 愛はカレーの味がした』が入ってる
DVD vol.9が見つかりません泣。誰か譲って。。。

小学生編(1話~51話)、中学生編(52話~102話)が
あるのだけど、特に小学生編の前半(1話~39話)が好き。

「私、倉田紗南! タレントやってる六年生!
青木賞作家のママ! 頭のリスはまろちゃん」
というお決まりの自己&他己紹介から始まるアニメは
笑いも怒りも悲しみも、全力250%で、
感情の振れ幅が大きいのなんの。

早口で歌って踊って大暴れする主人公に元気をもらい、
落ち込んだらとことん泣く主人公と一緒に泣いて、
カタルシスとはこのことです。
作品中で使われてる音楽や、
演出も本当に素晴らしいんです。

小学生編の前半(1話~39話まで)は、
ただただ明るく、基本的には原作に沿って進み、
時折オリジナルストーリーが入ります。
オリジナルストーリーもギャグ中心。
のちに『ギャグ漫画日和』を作る
大地丙太郎監督の作品だけあって、
ちょっと少女漫画と思えないくらい面白い。
(原作の小花美穂先生のギャグももちろん面白い)

小学生編後半(40話~51話)は、アニメの完全オリジナル。
主人公の家が破産したり、主人公の実の父親が現れたり、
とかなりシリアスな展開になっていきます。
リアルタイムで観てたとき、私は小学生。
ケツの青い小学生には後半の重いストーリーは、
結構辛かった記憶があります。

さらに重かったのが中学生編(52~102話)。
これも後半からアニメのオリジナルでしたが、
重 か っ た・・・! とにかくシリアス続きで。
だから中学生編の後半のストーリーも当時の感覚では
そんなに好きではなかったと記憶してるけど、
今、改めてYoutubeで一部だけ観てみたら、
結構いいじゃん、と思ってみたり。
YoutubeもDVDもすべて揃ってるわけじゃないから、
どっかでちゃんと全部再放送しないかなぁ~。


------
どんだけハマったのかについての話。


私が小5~小6くらいの頃が、漫画・アニメ共に全盛期で、
主人公の紗南ちゃんと(ほぼ)同い年なのもあって、
半端じゃないくらい感情移入したなぁ。

「こどちゃ」は私のルーツでしてね。
そのハマりっぷりは尋常じゃなかったです。
もうね、ハマりすぎ詳しすぎで、ただのオタクです。

どのくらいハマったかというと・・・
【1】当時の『りぼん』のカラーページを細かいところまで切り抜き
【2】コミックスが発売されたら、『りぼん』の漫画内の名シーンのコマも切り抜き

このくらいは、『りぼん』っ子なら、わりと皆やってましたね。
わたしゃ、まだまだこんなもんじゃありませんよψ(`∀´)ψ

【3】アニメの中でお気に入りの回は、録画したビデオを8回くらい連続で見た
【4】アニメから生まれたグッズ(ノリノリマシーン・ノピア等)を集めた
【5】アニメのサントラCDを集めた(vol.1~3まである)

わ、キモ。自分キモい! どんだけだよ。
すごいなぁこうして書いてみると。
サントラCDは今も手元にあるけど、
ノリノリマシーンやノピア、
ブルッチャ、性格判断手帳なんかは
なくしてしまった・・・。
ノリノリマシーンだけは今でもものっすごく欲しいなぁ。。

まだある、病的なハマり話。

【6】家族旅行のとき、必ずこどちゃ全巻とサントラCDやグッズなどを持って行っていた
【7】アニメで出てくる歌(紗南ちゃんのラップなど)の歌詞を耳コピしてノートに書き込んでいた
【8】声優さんの名前をEDのクレジットを見て記憶してノートに書き込んでいた(当時はネットという便利なものはない)
【9】アニメで出てくるコネタを細かくノートに書き込んでいた
【10】自分のクラス中に、「こどちゃ」を布教

6は、旅行中に火事や地震が起こって
家がなくなったらどうしよう、という小学生の妄想ゆえです。

7は、アニメで毎回ノリノリなラップ(?)
のような歌(超早口)が出てくるのですが、
その歌が面白くて、一生懸命聞いて覚えて
ノートに歌詞を書いてたなぁ。
紗南ちゃんラップに、ばびっと数え歌・・・
おかげで今でもほぼ全部歌詞覚えてます。

8は、やたらと人の名前を漢字フルネームで
覚えるのが得意なのは、このおかげだったりして。
主人公・紗南役の小田静枝さんはめちゃくちゃハマり役でした!
小田静枝さんには、当時ちょっとご縁があって
サインいただいちゃったりして。えへへ。

9のコネタは、アニメを見てて気付いた細かいことを
色々書き込んでいたのだけど、
中でも衝撃的だったのが、
なぜか、アニメに出てくる街や人の名前が、
明らかに、私が当時住んでた街の地名をもじってたこと。
「松並区」に「ねぎくぼ駅」に「助監督のアサガヤさん」とか!
「うひゃーなんでなんで!? 
私がこどちゃ大好きだから、
うちの近くの地名がモデルになってるの!?
そうなのね!? そうなのね!? 嬉しい!」
などと、当時は謎の喜び方をしていたのだけど、
今になって思えば、大地丙太郎監督が
“松並区”……の元となった地域に住んでるからだよね。

で、そんな嬉しいシンクロも手伝って、
「こどちゃ」熱がヒートアップした私は
自分のクラスで(しかも紗南ちゃんと同じ6年3組だった)、
「こどちゃ」を布教しまくりました。
手始めに、紗南ちゃんのように
ランドセルじゃなく青いリュックで登校(校則ガン無視)。
紗南ちゃんが「作文得意」という設定を知ってからは、
作文の授業が好きになったっけな(単純)。
次第に「こどちゃ」ブームはクラス中に広まっていき、
しまいには男子たちまで授業中に
「こどちゃ」の漫画を読み始め、
アニメも毎週見始め、布教は大成功。
中には、ノートに『こどものおもち屋』(子供のお餅屋)
とかいう漫画を書き始めた男子もいましたよ。
休み時間にはみんなで「ばびっと数え歌」を歌いましたよ。
仲良しの子らと一緒に、
登場人物をクラスの人たちに当てはめて遊んだりもしました。
ちなみに、満場一致で私は紗南役。
そう、当時はあれくらい明るい子でしたよ、へへへ。
今では、どっちかというと
羽山に近いヒネクレぶりですがね(¬з¬)ケッ

とまあ色々とハマりエピソードはあるけれど、
極めつけはこれでしょう!
【11】「こどちゃ」の紗南ちゃんの影響で児童劇団に入った!

習い事嫌いだった私が唯一、
自分からやりたいと言って始めた習い事で、
ピアノに次いで長く続いたのでした。
演技や滑舌の勉強以外にも、
日舞やジャズダンス、声楽などたくさん経験できたし、
ワイワイガヤガヤ毎週みんなで大騒ぎで、
すっごく楽しかったな~。

「人前でまったく緊張しない」という特技も
おそらくこの経験のおかげで身に付いたのではないかと。
ワイワイガヤガヤ楽しかったといえど、
劇団のクラスの昇格テスト(半年に1回必ずある)や、
テレビや映画の子役オーディション
などのときに感じる厳かな雰囲気は、
言葉に言い表せないものがあります。
((((;゜Д゜)))


・・・・・・。

長っ。

ともかく、「こどちゃ」の何がそんなに好きかって、
漫画(アニメ)なのに、フィクションに終始しないで、
リアルな“生きる苦しさ”とかにも触れているからです。
そして、その“苦しさ”にちゃんと向き合って、
全力でぶつかっているから。
そこがいい。そういうのがあるから、
全力で感情移入できる。

良い漫画って、たいていそういうものかもしれないけれど。

向き合って全力でぶつかる、という意味では、
最近これまたボロボロ泣かせてくれる
『ONE PIECE』もまた然りですね。

そういう、“全力”で考えてぶつかることは、
やっぱり一見、どんなに間違って見えても、
間違ってはいない、と思います。
そして、「スルリ」と逃げるというのは、
「悪だ」とまでは言わないけれど、
「かっこわるいなー・・・」と、思います。


ばびんがびびんがぼんばびぼー!

こどものおもちゃ 10 (りぼんマスコットコミックス (1119))Bookこどものおもちゃ 10 (りぼんマスコットコミックス (1119))

著者:小花 美穂
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ターナッカヒーロッカーズー♪ | トップページ | 念願の「ルイーダの酒場」へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もこどちゃ大好きです!同じく、紗南ちゃんのラップ耳コピしてノートに書きましたwだけど、今中学生なので、友達は誰もこどちゃの存在を知りません(T . T)図書館に2冊マンガが置いてあるくらいです。アニメは特選アニメ動画紹介所というサイトのsapoで全話見れますよ!オススメです!(小学生編と中学生編、両方あります。)私は冬休みに一気に見てしまいました!私が幼稚園生の時に初めてこどちゃのアニメ、マンガを見たので、こどちゃにハマるのは2回目ですw
 長文失礼しました!

おおー! コメントありがとうございます!! 検索からこのブログにいらっしゃったのでしょうか?
中学生の方がこどちゃにハマっているだなんて、なんだか嬉しいです。いいですよねー、こどちゃ。落ち込んだときはこどちゃを見まくると決めていますw 私、小中学生のときに紗南ちゃんのラップを耳コピしたとき、ボキャブラリーが少なくて結構聞き取れない言葉が多かったのですがww 大人になった今、改めてラップを聞いてみて、「おおー、当時全然聞き取れなかったけど、こんなこと言ってたのか!」と新たな発見がありますw

初めまして、こんにちは。
こどものおもちゃのグッズを探していたらこのブログに辿り着きまして、5年も経っている記事なので読んでもらえるかわからないですが思わずコメントしてしまいました( ´ ▽ ` )
こどちゃは子供の時からずっと好きなのですが最近唐突にアニメを見返したくなって一気見して、グッズが欲しい!と思い探してみたのですがノピアやノリノリマシーンはなかなか見つからないですね。
私はいま24歳なのでリアルタイムで見ていた当時は小学生にもなっていなかったと思うのですが、シリアスなお話のとき当時の自分は何を思ったのかさっぱりわからないです。特に何も考えてなかったのかな(^_^;)?
楽しかったことや面白かったことは覚えているんですけどね(笑)
つい最近見返した時には本当にボロボロ泣きまくってしまう回がとても多くてびっくりしました。それと同時に楽しいところはやっぱり今見てもとても楽しくて、改めてこどちゃ最高だなぁと感じることができました。
私も自分なりに現実と向き合っていこうと思えました。
長々とすみません。懐かしさと嬉しさでついコメントしてしまいました!
ではでは失礼します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118397/34481614

この記事へのトラックバック一覧です: こどちゃ絶賛(再)ハマり中:

« ターナッカヒーロッカーズー♪ | トップページ | 念願の「ルイーダの酒場」へ »

【仕事経歴】

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ