« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

東で踊り、北で寝よ

まだ仕事が納まっていません。ぐす。

さてさて、ブックレビューを書きました。

『恋と風水のほん』ブックレビュー
会話ベタは部屋の東で踊れ! 『恋と風水のほん』は突拍子のない風水術がてんこもり
http://happism.cyzowoman.com/2011/12/post_365.html

年内の記事公開はこれでラストかな?
もしかしたら、もう一本アップされるかも…?
どうだろう?

年明けからは、また色々書いたものがワサワサ出まする。

胸キュン三原則とは?

イベントレポート記事、書きました。

他人の甘酸っぱい恋バナに酔う! 切なすぎてすすり泣き続出『胸キュンナイト』
http://www.cyzowoman.com/2011/12/post_4852.html

思えば、こんな感じで↓
http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/ivent.html
色んなイベントの取材に行ってきたものですが、
イベントの面白さを左右するのって、
登壇者以上に、司会(審査員がいるようなイベントなら審査員も)
の力量にかかってるよなー、と思います。

登壇者がせっかくの逸材でも、
司会が上手にイジるなりなんなりで料理しないと、
いまひとつ輝かないまま終わってしまう。
逆に、登壇者のトークが微妙だったとしても、
司会の手腕ひとつで面白く仕上がる。

そういう意味では、上記の『胸キュンナイト』は
司会・審査員が神掛かっていました。
さすがイベント慣れしてるSCRAP(『リアル脱出ゲーム』で有名)、
司会が元気、テンポ良い。
どんな登壇者が出てこようが、
司会(兼審査員)のSCRAP・加藤隆生さんが
上手く料理してるなー、という印象を受けました。

さらに素晴らしかったのが審査員。
青山裕企さんと福嶋麻衣子さんが、
審査員コメントで的確な分析を織り交ぜるほか、
特に青山さんは自らの率直な女性観を
ズケズケとコメントして、
そのくすぶり感溢れるキャラクターに場が沸いていました。

とまあ、『胸キュンナイト』は、
過去色々行ったイベント取材の中でも、
群を抜いて面白いイベントだったのですが、
執筆にはかなりの時間がかかってしまいました……。
年末でてんてこ舞いだったんですぅ
という言い訳をするにしたって遅すぎたわ。

イベント取材、面白くてかなり好きな部類の仕事なんだけど、
原稿にまとめるのは相当大変なんだよなー。
数時間に渡るイベントの面白い箇所を抜粋して、
そこから全体を通してのイベントの意義や
イベントを経ての結論などを考察して、
記事全体の筋が通るようにしなきゃならない。

毎回苦悩するけど、
他のどの系統の記事よりも、
スッとまとめ上げられたときの快感が最高なので、
やめられない。

またSPA!

こんにちは。
近頃、定期postとなりつつある、
SPA!の執筆告知です。

今日12/19発売の『週刊SPA!』(12/27号)で、
「なぜか[結婚できない男]の意外な欠点」
を書きました~。

表紙は剛力彩芽ちゃん。
彩芽たんかわいいよ彩芽たん。
彩芽たんは、今年の3月のSPA!で“注目の人”的な枠で
インタビューさせてもらったのですが、
ついに表紙に登場です。
(その、3月のインタビューのときのブログ)↓
http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8e34.html

3月の時点で、園田望未役を演じてた
月9『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)
が終わるか終らないかくらいの時期でした。
ほぼメイン役としては初だったこのドラマで、
「あのショートカットの美少女は誰!?」と注目されたんですね。
それまでは、雑誌のモデルを中心に活躍。
月9以前の髪は超ロングで、
わりと森ガール的なポジションのゆるふわ系でした。
そして、月9のために、ロングヘアをバッサリ。
これが大正解だったのです。
ショートカットは人を選ぶ髪型だと思うのですが、
剛力さんの涼しげな顔立ちにばっちりハマっていました。

3月以後、個人的に色々チェックしていたら、
3月~初夏にかけて、
マイナーな雑誌の表紙で登場しているのを見かけました。
(確か、ランニング系・写真系など、趣味系雑誌だったはず)
その後、夏ドラマでは、
『IS 〜男でも女でもない性〜』(テレビ東京系)で
メインをはっていて、「お、剛力の時代がきたな」
などと勝手に思っていたのでした。
剛力彩芽ちゃん、飛躍の年だったな~。

美少女はええなぁ。
何より、インタビュー時、
すごく好印象の子だったので、
好きになっちゃったんです。
きゅん。

石像が「ドヤッ!」

連載9回目、「五百羅漢」という
面白い石像のある場所に行ってきました。

【散歩師・朝井がゆく!】vol.9
ドヤ顔からてへぺろまで!? 自分にそっくりな石像が見つかる「五百羅漢」
http://www.cyzo.com/2011/12/post_9311.html

今まで行ったお寺系の施設の中で、
最も面白いスポットでした。
ここのオモシロ石像は、一見の価値ありです。

記事に載せきれなかった像の写真も蔵出し~。

Hisohiso
「ヒソヒソ」

Rakan_5
「コインいっこいれる」

Rakan_7
まつぼっくり、イヤそう……。

などなど。


載せてるとキリがないので、このへんで。

Img_6655


モテと2012年

本日12月13日発売の
『週刊SPA!』(12/20号)も書いてますよ。
SPA!まみれ。

ひとつめは、
p46~「女が判定![男のモテ名言]テンプレ集」

ふたつめは、
p121~「本気で[2012年人類滅亡/進化]を信じる人の主張」

ふたつめの方は、識者取材の他に、
島田秀平さん・瀬口かなさん・
椿姫彩菜さん・タムケンさんの
座談会なども担当したのですが、
皆さんテンポよく喋る喋る。
大変たのしゅうございました。

霊能テロリストのゲリラ霊視

霊能テロリストのトークイベントに行って参りました。

私のオーラは赤だそうです。
私の後ろに憑いている霊は、
明治時代の日に焼けた短髪の男性だそうです。
さようですか。


霊能テロリスト・柳澤諒、辛酸なめ子トークイベント【前編】
霊能テロリストVS辛酸なめ子女史! 生霊から宇宙まで謎だらけのトークイベントに潜入
http://happism.cyzowoman.com/2011/12/post_312.html

霊能テロリスト・柳澤諒、辛酸なめ子トークイベント【後編】
隠しておきたいプライベートをも丸裸にする、霊能テロリストの"ゲリラ霊視"を体験!
http://happism.cyzowoman.com/2011/12/post_313.html

ともあれ、書いてて面白かった記事です。

私、個人的には霊能やら霊視やらスピリチュアルやらは
あってもなくてもどちらでもいいと思っていますが、
幽霊はいない方がいいな。怖いから。

しゃなりしゃなり

昨日12/6発売の『DIME』(24号)で、色々書きました!
あと、モデルとしても出演したよー。

まずは、p11「愛着度満点 最新スマートリサイクルギア
ランドセルから財布を作ったり、
靴を植木鉢に作り替えたり、
面白リサイクル雑貨の紹介記事です。

もうひとつは、
p168~p173「【DIME 師走SPECIAL】
〈そうだ、2012年は年賀状を出そう!
そう思ったあなたのための〉まだまだ間に合う!
お手軽ソフト&最新プリンター(得)使いこなしテク(12)

です。(…タイトル長い)
要は、年賀状出そうぜ!いいもんだぜ!
使える年賀状ソフトとかプリンタとかあるんだぜ!
っていう、年の瀬らしい特集です。
執筆以外にも、振袖を着てモデルとして誌面に出ましたよ。
なんとヘアメイク付きで。ライターの分際で。えへえへ。
このブログが、その撮影の日ですね。↓
http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f9b4.html

カメラマンさんの許可を得て、
その貴重な写真の一枚を載せてみます。
撮影は干川修さんです。ありがとうございました!
Furisode_dime
しゃなりしゃなり。

女が語る

本日、12月6日発売の『週刊SPA!』(12/13号)で、
p38~「女が語る[人生最高/最低]のSEX
を書きました!
一般女性のエピソードを数点、取材して書いたのですが、
すごい話があるもんですね世の中には。

当然ですが、すべて実話です!
週刊誌というと、
多少盛って書いたり、
取材せずに事実無根なことを書くイメージが
あるかもしれませんが、
しっかり取材して、本当にあった話を書いてるのです。

占い・超常現象は理屈で説明できる‥?

「占いには理屈が存在する」という、
“メンタリスト”のDaiGoさんにインタビューしました。

「占いにはタネも仕掛けもある!」メンタリストDaiGoが指南する占いとの付き合い方
http://happism.cyzowoman.com/2011/12/post_284.html

理屈っぽい頭デッカチな私としては、
非常に面白いインタビューでした。

記事の最後で触れている、
私の数年前の占い師体験は、これのことです。↓
http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6521.html
あのときの占い師に対して感じた苛立ちが、
今になって役に立つとは…!w

ともかく、占い好きにも、占い信じない派にも、
みんなに読んでもらいたいインタビューです。

私個人的には、
占いはすがるものや答えを求めるものではなく、
楽しむもの、または、緩和するもの、だと思っています。
占い師という、ちょっと不思議な存在に悩みを話すことで
悩みが軽くなったり、「当たってる!」と嬉しくなったり、
それだけでいいんだと思います。

占いは、エンタメで、なおかつ、生姜湯みたいなものかなと。
生姜湯そのものには、風邪を治す力はないけれど、
飲むと体がポカポカして、快方に向かう手助けになります。
そんなもんだと思います。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

【仕事経歴】

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ