« ちくわ愛 | トップページ | ニャー »

風邪を治すのは“娯楽”

とある修行僧さんから聞いたお話が面白かったので、書きました(=゚ω゚)ノ

―――
とある修行僧・大平駿介さん(仮名)に聞いた話である。山奥のお寺に寝泊まりする彼が、毎年真冬にしているのが"水行(すいぎょう)"。単に滝行のことを水行と呼ぶお寺もあるが、大平さんのお寺では、両者は明確に違いがある。
 大平さんらの励む水行は、1月下旬の最も寒い時期に約2週間、毎朝4時に起きて洗面器いっぱいにはった水を頭からかぶるといった内容だ。それも、洗面器30杯分を連続でかぶり続ける。そのときの格好は、ふんどし一丁。当然、修行僧とて人間、真冬の朝にふんどし一丁で水をかぶれば、あまりの冷たさに山じゅうに、「うおーーーー!」「いよっしゃあああああ!」といった絶叫がこだまする。


続きはこちらから↓

水行で風邪をひくのはむしろウェルカム!? 風邪を治すことが"娯楽"という修行僧の生活
http://happism.cyzowoman.com/2012/03/post_559.html

« ちくわ愛 | トップページ | ニャー »

ライターのお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118397/44488746

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪を治すのは“娯楽”:

« ちくわ愛 | トップページ | ニャー »

【仕事経歴】

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ