« 写真家 青山裕企さんのモデルをしました | トップページ | 風邪を治すのは“娯楽” »

ちくわ愛

知人編集者のSさんが、Facebookで投稿していた文章が、
あまりに名作すぎて、胸がキュンキュンしました。

基本的に、FBの投稿は、Twitterと違ってお気に入りに入れる機能はないですし(たぶん)、
投稿が埋もれていき、後日探すのが困難になるので、
ちょっと記録の意味も兼ねてココにメモしておきたい次第です。

以下、コピペです。
書いたのは、フリーの編集者のSさんです。
※下記文章は、「ちくわパン」の写メとともに書かれていました。
―――
ちくわパン。
……福島県いわき駅付近のパン屋で見つけて即買いしたのである。

ちくわは人を狂わせる。
(カレーに入れたらどうだろう)
(刻んでマヨネーズで和えたら素敵に違いない)
(穴にきゅうりを差し込んでみたらどうだ)

人はちくわを前にすると変になる。入れなくていい創作意欲のスイッチに手をかけ、これでもかと謎のアレンジを繰り返すのである。

すべてはちくわに穴が空いていることが原因だ。
穴が空いている→調理品として未完成なんだ→私が完成させてあげる!
この育成シミュレーションめいたプロセスに人は惑わされ、魅了され、狂わされる。言ってみればラブプラスだ。ときメモだ。同級生だ。

実際、ちくわパンは「ロールパンにちくわを入れる」にとどまらず、「さらに穴の中にツナを詰める」という境地にまでたどり着いている。
何せ穴があるからな。そこに穴があるのだ。抗えるはずもないよ。

……しかし。
そうやってできたちくわアレンジ料理は、たいてい「うーむ」な仕上がりなのである。
ちくわパンしかり。
でも、そういうヌケてるところもちくわの魅力なのだ、きっと。名称もマヌケだしな。
―――

« 写真家 青山裕企さんのモデルをしました | トップページ | 風邪を治すのは“娯楽” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118397/44477800

この記事へのトラックバック一覧です: ちくわ愛:

« 写真家 青山裕企さんのモデルをしました | トップページ | 風邪を治すのは“娯楽” »

【仕事経歴】

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ