« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

かかしコンクール@深川資料館通り(後編)

(前編はこちら

前編にて、展示されているかかしは、以下のパターンに分けられる、という話をしました。
1:正統派(ただひたすらに技術、またはアイディアが優れているもの)
2:有名キャラや有名人を模してそのギャップが笑いを誘うもの
3:顔の作りがアヴァンギャルドなもの
4:ただゴミをくっつけまくっただけだろうという破天荒なもの
5:作品自体は普通だが、作品タイトルが何だかおかしいもの

後編では、3「顔の作りがアヴァンギャルドなもの」から紹介していきたい。
まずはこれ。目が伊藤園。
P9131313

おそらく小さなお子さんが作ったであろう「おとうさんかかし」。
P9131346
ほほえましいですね。いいなぁ。
でもごめん。面白いや。
P9131348

4の、「ただゴミをくっつけまくっただけだろうという破天荒なもの」部門は、
こちらの作品が群を抜いていた。
P9131341
ペットボトルにうちわ、そこらへんに転がってたものを貼り付けて何がしたかったのか。
全体像を見てもよくわからないが、
P9131340
スカイツリー関連の作品が並べてあるゾーンにあったことで、一応遠巻きにはスカイツリー感は出ていた。
P9131300

そして、5番目「作品自体は普通だが、タイトルが何だかおかしいもの」にいきますよ。
いいですか? 心してかかって下さいね。
P9131331
タイトル「オリンピックを応援しに来たいなかっぺ」
作品はこちら↓
P9131330
手にけん玉持ってるし。オリンピックの応援にけん玉、使わないよ?
P9131332
なぜかPUFFYも応援してるらしいし。
P9131333
何なんだね、チミは。

こちらの御方は、夢が叶ったようで。
タイトル「夢のプリキュアになったしいちゃん」
P9131367
しいちゃん。
誰ですかね。
P9131366
よくわかんないけど、よかったね、しいちゃん。

と、ここまで見てきて、この「かかしコンクール」における作品の傾向は掴めた。

最後に、上記の5分類に当てはめることのできない規格外にも軽く触れておきたい。
かかしというか、かぼちゃ
P9131318
しかも、ケガしてる。
P9131317

キリン。
P9131342

ユニコーン。
P9131337
首がすわっていない感じ。
P9131335

皆さん、かかし、じゃないよね。

このドラえもんも、お上手だけど、かかし……じゃないよね。
P9131308
(※頭を撫でられるサイズ。あいくるしい)

「かかしコンクール」主催のワケベさん(あづまや文具店)は、
こんなことをのたまっておられました。
「かかしって言い張れば、かかし。現代アートみたいなものだよね。
かかしです、と提出してくれたら、ああそうですかかかしですか、と思って何でも展示します。
柔軟にね!」
P9131275
ちなみにこれ↑もかかし。ワケベさん、いい笑顔。

なるほど。
現代アートでしたか。
参りました。
P9131286_2
「かかしです」と言い張るだけでいい。かかし界の懐は広いです。

【イベント情報】
■かかしコンクール
場所:深川資料館通り(清澄白河駅 徒歩約1分)
展示日程:毎年9/1~敬老の日まで
問い合わせ:03-3641-3452(あづま屋文具店)
※事前に問い合わせれば、かかし作成用の竹ももらえるとのこと。郵送可(場所によって応相談)。
ちなみに、今年(2012年)集まったかかしは130体以上。

フォトアルバムはこちら(一部ブログ未使用写真もあり)↓
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.4604002620679.2188864.1310770572&type=1&l=d64f6840b9

<おまけ>
Facebookの自動タグ付け案内のページで、人間だと判定されたかかしが2体。
Kakashitag
※右下2つは主催のワケベさん。

かかしコンクール@深川資料館通り(前編)

充分な実力がありながらも、世間での注目度が低いものは、なんと心くすぐられることだろう。
以前、静岡県のハンバーグ店「さわやか」が、
おいしさのわりに注目されてないことについて嘆いた駄文を書き散らかしたこともあった。
いいよね、こういう、PRが下手な感じ。なんかうまくやれてない感じ。

東京・深川で毎年開催されている『かかしコンクール』もそのひとつ。
エキセントリックでツッコミどころ満載なかかしが多数展示されていて、
“ツッコミ疲れ”を起こすほどだと聞いている。
このコンクールの存在自体は2年以上前から知っていたものの、
いかんせん検索してもちっとも情報が出てきやしない。
手元にあった情報といえば、2年前に偶然コンクールへ行った友人のmixi日記の情報から、
どうやら深川で秋頃にやっているらしい、くらいのものだけ。
1年前、執念で「かかしコンクール 主催 電話」などとあらゆる手段で探して
ようやく主催者の電話番号に辿り着けたときには、もうコンクール期間がすでに終わっていた。

そして今年。8月の下旬から情報収集をすれば、開催期間を逃すことはないだろう、
と検索してみたら、一応主催団体の公式HPらしきものはできていた。
http://fukagawa.main.jp/
が、やっぱりよくわからない。かかし関連のことが載ってはいるが、
今年もココが主催で合ってるのか?
このHPに掲載されている電話番号におそるおそる電話してみることに……。
http://fukagawa.main.jp/access.html

――もしもし……

「はい」

――あの、かかしコンクールって…やってますか?

「あ?」

――いえ、あの……かかし…

「ああー。ちょっと待ってね」

(電話口の声が、おばちゃんっぽい声から、おじいさんっぽい声に変わった)

「かかしコンクール?」

――あ、はい、今ってやってますか? 一応HPを拝見したのですが分からなくて。

「はっはっはー、なんかそういうページがあるみたいだけど、うまく使えてないみたいねぇ」

はっはっはーって。
この能天気ぶり。あっぱれである。
聞けば、毎年9/1~敬老の日(※9/17前後)までの間、
清澄白河駅から徒歩1分の「深川資料館通り」で開催されているとのこと。
ああ、ようやく2年越しの夢、「かかしコンクール」を見に行けるんだ……。
胸を高鳴らせつつ、清澄白河へ向かった。

駅到着。
P9081144
お祭り感、ゼロ。
駅周辺も、かかしコンクールを盛り上げようという意志のあるものはどこにも見当たらなかった。
なんかこう、ちょうちんとか、ポスターとか、あるでしょう、いろいろ。
皆さん、かかしに対してやる気なさすぎじゃありませんか?
かかし界の未来が思いやられます。

ぶつくさ言いながら深川資料館通りを目指して歩くと、お! おお! おおお!! なんかいらっしゃる!
P9131253

一番手前に見えていたのは、ドラ、えっ、ドラ…、えーと、ドラ、えもん?
P9131249

お、あなたは有名なポケモンマスターの! なんかその、腕、変ですが。あ、かかしですものね。いやはや失礼。
P9131263
手元にはちゃんとモンスターボールが。
P9131266
じわっと来るお顔。
P9131265

あっ、アンパンマ……
P9131296
顔、オレンジ……! 顔がものすごくオレンジだ! これしか布がなかったんだろうなぁ……
P9131297

謎の女の子のかかし!
P9131373
よく見たら、目がすごかった。
P9131375
こっち側の目に至っては、ハサミで切るのを失敗した痕跡が。
P9131374
修正しようにも、ほかに切り取れそうな“目”がなかったのかな……。

制作者の材料事情に思いを馳せながら歩いていると、かかしコンクールのポスターを発見。
ポスターのなかには、ムダに力作な過去の作品写真が並ぶが、
P9131258
だいぶアバウト。「賞、いっぱいあります」
P9131259

見ていくうちに、展示されているかかしは、以下のパターンに分けられることがわかってきた。
1:正統派(ただひたすらに技術、またはアイディアが優れているもの)
2:有名キャラや有名人を模してそのギャップが笑いを誘うもの
3:顔の作りがアヴァンギャルドなもの
4:ただゴミをくっつけまくっただけだろうという破天荒なもの
5:作品自体は普通だが、作品タイトルが何だかおかしいもの

まず、正統派はこちら。見るからに手間がかかっている作品だ。
しかし、不思議とつっこみ心はくすぐられない。人は圧倒的な技術の前にはひれ伏すしかないということか。
P9131262
技術とアイディア、最近の流行、すべてを網羅している優等生がこれ。タイトル「修復しちゃったぜ~!」
P9131314
このかかし作った人、絶対インターネット大好きだろ……。

技術よりもアイディア一点突破なのがこちら。
P9131272
「ちびくろサンボのトラのパンケーキタワー」。
かかしを作ろうとして、二足歩行の生き物ではないものに行き着くのはなかなかできない芸当である。

2の「有名どころを模したもの」は顔が命。顔の造形の似てなさ具合に笑いどころが詰まっている。
まずはこれ。タイトルは「OK!いいかんじなローラ」。
P9131369
ローラのほうがかかしよりもぷいんぷいーんだよo(^▽^)oウフフ、オッケー!
Rora

あっ、そちらにいらっしゃいますのはネズミの国の……!
P9131360
権利関係で怒られないように、あんまり顔は似てないよ! ハハッ!
P9131361

トイストーリーのウッディ。なかなか似ている。
P9131302
ちょっと、『The World of GOLDEN EGGS』みたいだけど。
P9131303

そしてこちらに見えますのは、
P9131285
マツコ・デラックスかかし。
友人が、「テレビで今年は全国的にマツコ・デラックスのかかしを作るのが流行ってる
と言っていたのだが、本当だろうか。
日本国民が各地でマツコのかかしを作ることに、人類に何の得があるのだろう。
ねぇ。
P9131286

後編へ続きます。

ごはんが、届いた

P9121246

ごはんが、届いた。
ニフティ株式会社から。

P9121244

ごはんをお送りいたします

けっこう衝撃的な一文である。文字、でかいし。
元来ビジネスライクである送付状ではなかなか見られない一文だ。
株式会社から届いた文書だとはとても思えない。

このごはん、以前、デイリーポータルZのデイリー道場に入選したときの景品なのです。
http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/z-19d8.html

Zくんもいた。
P9121245

このごはんの賞味期限が切れるまでには、
またデイリー道場で入選することを目指すことにしました。
P9121247

あと、セーラー戦士を作ったので、置いておきますね。
Sailar
このサイトで作れます。ネット上でここ数日流行ってるみたい。
http://www.dolldivine.com/sailor-senshi-maker.php

キンタマのことにしか触れてもらえなかった件について

 東京・高田馬場に、「豚のおっぱい」や「山羊のキンタマ」を食べられる店がある。分かってる、こんなもの食べずとも、普通の食べ物のほうがおいしいに決まってる。ゲテモノは悲しいかな、試しに“ネタとして食べる”、食べ物界の一発屋である。でも、一度は食べたい。一度経験して、「私、山羊のキンタマ、食べたことあるもんね!」と声高らかに自慢したい。ただそれだけのために獣肉酒家「米とサーカス」へ行くことにした。待ってろ、おっぱい、キンタマ。
-----

 というわけで、今回は、おっぱいとかキンタマを食べてくるお仕事をしました。ドヤッ

こちらの連載記事にて、どんなお味だったか書きました↓
【散歩師・朝井がゆく!】vol.16
豚のおっぱい、山羊のキンタマ……“食べ物界の一発屋”獣肉を食らう!!

http://www.cyzo.com/2012/08/post_11327.html

この記事をTwitterで告知したところ。

きんたまゆみさんこんばんは!」(bickさん)
アサイ様が今更キンタマ程度で驚くわけないと思うが」(soneさん)
キンタマ好きアイドル」(あっきーさん)
今度は忍者からキンタマアイドルに..」(きじゃけさん)
前代未聞のキンタマアイドルw 店自体の怪しさも半端ない…」(福田フクスケさん)

キンタマのことにしか触れられませんでした。
なんなん。みんな。
絶対記事の中身はほとんど読まずに、
タイトルの「キンタマ」を見ただけで反応しとるやろ!( ゚皿゚)ゴルァ!!

気を取り直して。
もう完全に先月の雑誌とかの話で、遅すぎる告知ですが、こんな記事も担当していました。

8月7日発売の『週刊SPA!』(8/14・21合併号)にて、特集「ド底辺飲食店、本日もブラック営業中」を編集・取材・執筆。
8月28日発売の『週刊SPA!』(9/4号)では、特集「デジペディア 20代未婚女子 SNS利用実態を暴く!」を編集・取材・執筆。
この特集では、イメージ写真でも登場しております(左側)。
Snsgirl
この写真を見ただけだと、キンタマキンタマ連呼してるとはとても思えませんね。

これらのSPA!はすでに店頭には売られておりません。(※週刊誌なので、店頭に並ぶのは一週間だけ)

現在発売中の号だと、本日9月4日発売の『週刊SPA!』(9/11号)でも、
とある特集をまるごと担当しております。
「記者Mがゆく」といった形で、3ページ以上書きましたのです!
ちょっとすんごくドギツイ感じの特集です(;・∀・)ビャー

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

【仕事経歴】

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ