« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

「うぇーい」に関する考察

先日、飲みの席でのこと。

「なぜ、あるジャンルの人々は『ウェーイww』と言うのか」
について議論が交わされた。

あるジャンルの人々。
そう、奴らである。

奴ら。すなわち、リア充。
まず、「リア充」で画像検索すると、
水着や宴席での写真が並ぶことをここに報告しておく。

リア充はオレンジレンジで、そして、リップスライムなのだ。

さて、宴席でともに「ウェーイ」論考をしたのは3人。Mと、Bと、私。
もう、シンポジウムである。
3人のパネラーが、リア充を象徴する言葉である「ウェーイ」について真剣に論を組み立てた。

そして出た仮説は、
・あいうえおのうち、「う」は低いところから発する気がする。
「う」から「え」という高いところにいく、この高低差で、
テンションの高ぶりを表現しているのではないか。

だが、3人とも常日頃から「ウェーイ」と発していないため、
これ以上の仮説が出てこない。
そして、経験に基づく検証もできない。

議論が座礁しかかったそのとき、
Bがおもむろに携帯を取り出し、電話帳に入っている中で、
最も「ウェーイ」な人種で、なおかつ、ふさわしい回答をくれそうな人に電話をかけた。

ウェーイ人との電話の結果は、
「考えたこともなかったが、おそらく『ウェーイ』には、
喜びと驚き、の2つの感情が含まれている。
喜びは『イェーイ』。
だが、頭を『ウ』にすることで、
『ウォォォォ!!』といった驚きの感情を含ませているのではないか」
とのこと。

つまりリア充は、ありあまる感情を言葉に込めた結果、
「ウェーイ」と言い始めた、と考えられる。

ただし一つ問題がある。
上記の仮説は、「ウェーイ」ではなく、「オェーイ」でも当てはまってしまうのだ。
「お」から「え」にいくのも、「う」から「え」に負けず劣らず、低いところから高いところにいく。
驚きの感情に関しても、「ウォォォォ!!」でなくても、「オォォォォ!!」でも問題はない。

「オェーイ」ではなく「ウェーイ」が選ばれたのはなぜか。
これは今後、考察を深めるべきトピックである。

似顔絵と新入社員とマイナーSNSとぼっちと顔遊びと人狼とやきとりとロールケーキと本屋迷宮とベビースターとチーズともののけ姫と日本酒とコナンとBEAMSとか

「ジャンルの固定観念」がもたらすメリットと足かせについて考える昨今。
この世の中で無難にやっていくには、
「ライター」だったり、「アイドル」だったり、「漫画家」だったり、「モデル」だったり、
有名なジャンルを名乗ったほうが話が早い。

けど、同時に足かせもついて回るもので。

ライター(とか編集)の同業に聞くと、10人中9人は、
「ライターを名乗っているからには濃密なブログを書かなければ」
と目を血走らせて、結果、何も書かないまま、と言う。足かせである。
それで、「ブロガー」と名乗っている類の人たちを一瞬羨み、
ブログと雑誌は違うもん、と心を落ち着かせるのだ。(朝井調べ)

同様に、
アイドルは常にアメブロにかわいいパンケーキやメイク用品の写真を、
インスタグラムやLINEカメラ等で加工し、
絵文字たっぷりに、改行たっぷりに語る使命感に
時には苦しむこともあるのかなぁ、
とか、
漫画かは常に臨場感あふれるイラストや、
オチのついたストーリーを、フェイスブックの投稿に求められる
苦しみと戦う日もあるのかなぁ、
とか、
そんなことを思うのだ。

逆に言えば、その自分のいるジャンルの中で、
○○(肩書き)なのに、○○(面白い、賢い、かわいい、など)だ、
などと、いかにギャップを武器にできるか合戦にもなっている。

何にも結論づかないところで、
3月からすっかり更新していなかった告知まとめいきます。
ただ告知だけ書くのも無味乾燥だから小話でも、と書き始めて
もうすでに消したくなっているこの気持ち=自意識と戦いながら、告知してまいります。

まずは雑誌。
SPA!の4/2号「デジペディア なぜハマる? 似顔絵アプリ」、
4/23号「[2013]新入社員の観察報告」
4/30・5/7号「デジペディア マイナーSNS住人調査」
5/21号「“ぼっち” 休日動態調査
5/28・6/4号「デジペディア 「顔遊びアプリ」のテクノロジー」
を編集&執筆しています。

一部、Webにも転載されているものがあるのですが、
「似顔絵アプリ」の転載記事のタイトルが、
似顔絵アプリは疲れる? 自分大好き記者が実践!
とSPA!のWebチームの愛のある悪意wを感じて光栄だったことと(Web転載時のタイトルはWebチームが決めます)、
特集「“ぼっち” 休日動態調査」が5/19の「噂の!東京マガジン」にて
中吊り大賞をいただいた(らしい)ことが、大変嬉しゅうございました。

“ぼっち” 休日動態調査」では、一人で遊園地にも行きました。
こんな感じ→ http://moyo-moyo-moyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-fe5d.html

------
Webではこんな記事を色々と。

舞台で「人狼」ゲームをやる「人狼TLPT」とは?
http://nikkan-spa.jp/417631

やきとりのテーマパークがオープン!変わり種やきとりトップ3はコレだ
http://nikkan-spa.jp/407142

全長130m超!ロールケーキ世界記録樹立の瞬間に立ち会った
http://nikkan-spa.jp/425176

「19 16 1 !」……この文字列は何を意味する?
http://nikkan-spa.jp/425172

ベビースターラーメンに最も合うトッピングとは?
http://nikkan-spa.jp/431084

これは……ケーキではない。チーズという“飲み物”だ。
とろっじゅわっのレア食感 行列ができる“焼きたてチーズタルト”を求めて渋谷へ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/26/news086.html

ペットボトルに段ボール……廃材で彩られる舞台版「もののけ姫」 日本で上演スタート
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1304/30/news103.html

------

そのほか、SPA!編集部の日本酒ガールズをやったり、
リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「摩天楼からの脱出」の
Webサイトに出演したり、
http://realdgame.jp/conan/experience.html
BEAMSさんの着せ替えごっこオフイベントのモデル的な何かをやったり。←詳細ブログを書きたい
http://blog.gomm.shop-pro.jp/?eid=903163
リアル桃鉄をして遊んだりもしました。←詳細ブログを書きたい

ひとり遊園地

P5033472
 「一人で遊園地に行ってみる」。そう決めて早起きしてからも、数時間部屋で逡巡していた。“ぼっち”100人以上への取材で、遊園地は数あるレジャーのなかでも、「一人で行く気になれない」との声が圧倒的だった。「行ってみじめだった」ではなく、行ってすらいないのだ。もしかしたら単なる行かず嫌いなだけかもしれない。確かめるべく、意を決して電車に乗った。

 都内某遊園地。時はGW真っ只中。どの乗り物に乗ろうかと地図を片手にのんびり歩くカップルや家族連れの中に何食わぬ顔で混ざる。行列に一人で並ぶ際は、「乗り物に弱い彼氏がそこで待っていて、仕方なく一人で乗るだけですからね」と聞かれてもない架空のストーリーを設定し、“仕方ない”表情で順番を待つ。


(続きはこちら)
http://nikkan-spa.jp/438017
-----

SPA!の特集で、ゴールデンウィークに一人で遊園地に行ってきたのでした。

仲睦まじく歩くカップルや家族。
P5033469

DSを片手にワイキャイ並ぶ子どもたちに交じって並び、
P5033471

バイキングに乗ってみたり、
P5033472_2

乗り物の前で自撮りをしてみたりしました。
P5033501

自撮りは30回くらい撮り直しました

なぜなら、
何度やっても笑顔になれなかったからです

頬の筋肉が引きつっていることが明らかにわかる笑顔の写真を数枚確認し、
一人で遊園地に来ているのにへらへら笑っている不気味さを感じ、
結局渋い表情の写真こそがすべてを物語っている、と悟ったのでした。

メディア出演情報まとめ

雑誌、ラジオ、Web、イベント等、出演させていただくことも増えてきたのですが、
たいていTwitterでの告知だけで満足し、ブログでの告知を怠るので、
Twitterの投稿をもとに、出演情報をまとめました。
http://togetter.com/li/519842
今後も上記Togetterに追加していきます。

その時々の最新の告知はブログのトップページに。
最も情報が早いのはTwitterです。
よろしくお願いいたします。(=゜ω゜)ノ
https://twitter.com/moyomoyomoyo

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ