« 「占いにはタネも仕掛けもある!」メンタリストDaiGoが指南する占いとの付き合い方 | トップページ | オープンきっかけは浮気? 悩める女の救世主、ゲイが運営するヒーリングサロンを直撃! »

お昼休みはスピ的ウォッチング♪

※2013年12月で閉鎖した「ハピズム」というサイトで書いていた記事の転載です。
[お昼休みはスピ的ウォッチング♪]という連載をしていました。
某お昼の番組と占いを無理矢理からめて、
タモリとゲストの相性を勝手に占った記事です。10本分、一気に載せます

【タモリ×山田優】
テレフォンショッキング、7月28日のゲストは山田優。

タモリ  1945年8月22日生まれ 獅子座
山田優 1984年7月5日生まれ 蟹座

 12星座の相性としては、火の星座・獅子座と、水の星座・蟹座はあんまり相性がいいとは言えないよう。

 そんな2人のトークの相性はどうだったかというと、山田優登場後、スタンド花の紹介もそこそこに話がそれていき、山田優が「進水式」に参加してきた話題に。進水式の話になるやいなや、急激にテンションが上がったタモリ。山田優の発言にかぶせるように、前のめりに受け答えをし、矢継ぎ早に質問を重ねていく。相変わらず、タモリは興味の有る無しが分かりやすい。

 前々から進水式をやってみたかったというタモリ。「(進水式の日に)なんで呼んでくれなかったの!? 俺ずっとやりたいと思ってたのに!」と、なぜか山田優に無茶なクレームを入れ始める。しまいには、すっかりふてくされた様子でトークを進め、山田優タジタジ。それにしても、タモリ、進水式に食い付きすぎ!

 「MISTY」(8月号)の特集「毎日の運勢・毎月の星占い ルナーリズム占星術」によると、この日の獅子座は「知的好奇心が将来の役に立ちます」と書かれていた。獅子座のタモリは、"進水式への知的好奇心"が爆発してしまったのだろうか。一方、蟹座の山田優は、「愛の星・金星は7/28まで蟹座にあり、あなたの魅力を増強中。モテ運があります」だそう。もしかして、進水式の話以上に、モテモテ山田優の魅力にタモリんはついつい前のめりになっちゃったってこと?

 獅子座の知的好奇心ゆえか、蟹座のモテパワーゆえか、進水式の話が終わってからも、終始山田優の発する言葉に食い気味にトークを進めるタモさんの姿が目立った7月28日だった。(文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×ラサール石井】
テレフォンショッキング、8月10日のゲストはラサール石井。

タモリ      1945年8月22日生まれ 獅子座
ラサール石井 1955年10月19日生まれ 天秤座

 見るからにインテリトークバトルが繰り広げられそうなこの組み合わせ。テレフォンショッキングの定番とも言える、"気まずい沈黙"もこの日ばかりはほとんど見られず、初めから終わりまで滑らかにトークが進んでいったのはさすが。

 その鍵を握っていたのは、やはりラサール石井のトークの手腕。いつもならタモリがゲストとのトークを回すのに対し、ラサールは「このコーナーは俺が回す!」とでも言わんばかりに、タモリにコメントを挟む隙をほとんど与えず、ノンストップでしゃべり倒していた。この日の主なトークテーマは、「子どもが勉強好きになるコツについて」「部屋を片付けられない話」「引っ越しの話」の3本だった。

 勉強ができた子ども時代の話から、今ではすっかり忘れっぽくなっているエピソードを語り始めたラサール石井。

ラサール「最近はてんでダメで」
タモリ「うんうん」
ラサール「この間なんか、シャンプーと間違えてボディシャンプーで頭ワシワシ洗っちゃったの」
タモリ「あれ、泡立ち違うの?」
ラサール「違う違う。で、間違えたって思って一回洗い流して、シャンプーつけなきゃって思いながら、またボディシャンプー頭につけちゃうの(笑)」
タモリ&観客「(爆笑)」
ラサール「最近はそういうことが多いんです」
タモリ「ハッハッハ、あるねぇ~」
ラサール「だからね、最近は自分の周り、机の周りに全部必要なモノを置くようにしていて。例えば、本を読まなきゃならないときは本を置いておく」
タモリ「ふんふん」
ラサール「DVDも見なきゃならないときはそれも置いておく」
タモリ「うんうん」
ラサール「そうやって必要なモノは全部見えるところに置く。そうしないと忘れちゃうから」
タモリ「机の周りぐちゃぐちゃになっちゃうでしょ?」

 と、テーマは自然と片付けについての話に。よどみなく続くラサール石井のマシンガントークに、タモリはウンウンとにこやかに合いの手を入れていく。タモリがゲストの話題を奪ったり、とんちんかんな返しをすることもなくスムーズに続くトーク。この日のラサール石井は、ここ数年のテレフォンショッキングのゲストの中でも5本の指に入るくらい、気持ちよくしゃべっていたのではないだろうか。

 それにしてもテレフォンショッキングの短い時間内でこれだけの話題を展開できたラサール石井は大したもの。10分程度の短いコーナー内で自分を余すところなくアピールするには、トークの主導権を握るのが一番効率的だということを分かっている。極め付けは、「部屋を片付けられない話」のときに、タモリが「あの、アレなんだっけ? 最近流行りの、モノとかを捨てるやつ」とボンヤリしたことを言った瞬間すかさず、「断捨離!」と答えたラサール石井の頭の回転の速さ。おみそれいたしました。

 そんな2人の8月10日の運勢はと言うと、Web『VOGUE JAPAN』の「12星座別毎日占い」によると、天秤座(ラサール石井)、獅子座(タモリ)ともに、恋愛運、対人運、仕事運、ヘルス&ビューティー運、どれをとっても好調運または快調運。

 天秤座・ラサール石井の対人運は、「今日はどんな人とも仲よくできそう。苦手意識を持っている人にも話しかけてみて」との記述が。アレ!? ってことはもしかして、ラサール石井は本当はタモリに苦手意識を持っていた? あんなにスムーズにトークが進んだのは、8月10日の天秤座パワーの賜物なのかしら。ヘルス&ビューティー運は、「流行のファッションに身を包むと、あなたの魅力が輝くでしょう」だったよう。当日、ラサール石井が身にまとっていたのは、白いキャスケットにチェックのネルシャツ。これが果たして"流行のファッション"だったのかどうかは知らないけれども、時間いっぱい使ってトーク術を見せたラサール石井、その魅力は十分輝いていた。

 一方、獅子座のタモリの8月10日は、「特別なことをしなくても、周囲に人が集まる時期です」といった対人運。そうか、だからこの日は、"特別なこと"をせずフンフン頷いていただけで、トークがうまく運んだのね。納得。

 無駄に労力を使うことなく、頷くだけで1コーナーを回したタモリ。『いいとも!』打ち切り説がウワサされる中、何もしなくても仕事になるタモリの強運に驚いた回だった。(文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×えなりかずき】
テレフォンショッキング、8月15日のゲストはえなりかずき。

タモリ      1945年8月22日生まれ しし座
えなりかずき 1984年11月9日生まれ さそり座

 ゲストがえなりかずきだと聞いたときから、何かが起こる気がしてソワソワしていた。ふたを開けてみると、登場シーンからしっかりキメてくれたえなりくん。「あの、その、今日、寝違えちゃって......」とあいさつもそこそこに、首を変な方向に固定したままゲスト席へ歩き出す。

 「なあーんで寝違えたの!?」とタモリが聞いても、「わ、わかんない......」の一言。そりゃ分かんないだろうよ、寝違えた理由なんて。ともかく、寝違えネタでつかみはOK。開始1分もたたずして、すっかりタモリも観客もえなりかずきのペースに。さすがはえなり、26歳にして芸歴20年以上のベテランなだけある。その後も、えなりかずきの寝違えネタでトークは進む。

えなり「人生の中でトップレベルで寝違えました」
タモリ「(苦笑)。カチカチ?」
えなり「カチカチ」
タモリ「痛い?」(えなりの首を触りながら)
えなり「アッ!」
タモリ「カッチカチね(笑)」
えなり「カッチカッチ!」(トンカチを打つような仕草で)

 文字面だけを見ると、どう見てもイチャイチャしているとしか思えないタモリとえなり。Yahoo! の12星座占いを見ると、しし座(タモリ)にとってこの日一番相性が良かったのはさそり座で、相性度は95点! つまり、さそり座のえなりかずきとの相性バッチリだった模様。ちなみに、この95点の相性というのは、相性は相性でも、"恋愛相性"だけど......。

 その後、トークはえなりが「周囲に熟年離婚する知り合いが多いから、結婚したくない」と主張したところから、恋愛話に発展。

えなり「結構好きな人にはストレートに好きですって言う方ですよ」
タモリ「告白すんの!?」
えなり「しますします」
タモリ&観客「ええー!!!!」
えなり「いや、これはモテないからですよ! モテないから伝える努力をしてるんですよ」
タモリ「信頼できそうで、モテそうなのにね」
えなり「でも、一度だけ、小学校のときにモテ期がやってきて......」

 と、ここでタイムオーバーでCMに。その後のお友だち紹介コーナーでは、紹介相手のモト冬樹(昨年59歳で結婚)に「えなりくん、結婚はいいよぉ~?」とススメられ、「あはは、今度ぜひ結婚の良さについてご指南下さい」と手慣れた様子で年上を立てていた。寝違えに始まり、自分がいかにモテないかアピール、唯一のモテ自慢トークのチャンスはCMに阻まれ、最初から最後まで"えなりくんっぽさ"全開のテレフォンショッキング。あれ、でも、今回タモリは冒頭での"寝違えカッチカチ"のイチャつき以外で、特に目立ってなくない?

 Yahoo! 12星座占いそれぞれの総合運を見てみると、12星座中4位と比較的好調なさそり座えなりに対し、しし座は最下位。「特に理由はないのに、なぜかいつもの調子が出なくて少し苦労してしまうかもしれません」というしし座。そして、さそり座えなりは、「人の気持ちをくみ取りやすく、役に立ちたいと願う一日」だったよう。この日は、"いつもの調子が出なかった"らしいしし座タモリを、さそり座えなりが"気持ちをくみ取って"陰ながら支えていたのかしら。もしも、えなりくんの寝違え事件がなかったら、調子が出ないタモリひとりの力ではテレフォンショッキングを盛り上げきれなかったかもネ。しし座タモリの"役に立ちたいと願う"あまりに、さそり座えなりはわざわざ寝違えてきてくれたのだとしたら、えなりかずきの奉仕精神に脱帽! なーんてね。 (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×小倉優子】
テレフォンショッキング、8月19日のゲストは小倉優子。

タモリ    1945年8月22日生まれ しし座
小倉優子 1983年11月1日生まれ さそり座

 現在、結婚目前、事務所移籍騒動、と何かと周囲が騒がしいゆうこりんのお出ましだ。かの"こりん星"が爆発して以来、元来の賢く小器用な一面を垣間見せることが増えた小倉優子だが、この騒動の渦中にどう出るかを注目していたこの回。コーナー冒頭、ゆうこりんはパン教室の話から始めた。

小倉優子(以下、小倉)「パン教室に行ってぇー、パンアドバイザーの資格を取ったんです~」
タモリ「パンアドバイザーって何?」
小倉「パンのことを語ってもいいよ、っていうー、資格です!」
タモリ「......うぇぇえええ? じゃあ、我々はパンのことを語っちゃいけないの!?」
小倉「あっ、いいんです! そうじゃなくてぇ......タモリさんに合うパンをアドバイスしたりとかぁ」

 さらに、パン教室のみならず、「料理教室とかぁ、菓子教室とかぁ、今7つ行ってるんですー」と明かしたゆうこりん。さては、結婚を控えた今、家庭的な奥さんタレント、ゆくゆくはママタレントの座を狙うべく、今から料理上手アピールをしてるんだな。相変わらずのヤリ手め。こりん星人だったときは、料理番組で散々トンチンカンなレシピを披露していたのに(シチューに大量のチョコレートを入れるなど)。ところで、"こりん星のりんごももか姫"だった時代と比べて、たいしてしゃべり方や醸し出す空気は変わっていない気がするのだが、本当にこりん星は滅亡したのか? と疑問に思っていたら、視聴者からの質問コーナーで「こりん星は今、どうなってるんですか?」と話題に。

小倉「今はもう、こりん星はなくなってぇ、今は特にこりん星っていう設定とか......」
タモリ「設定だったのアレ!?(笑)」
小倉「あ、あああ、あの......(しどろもどろ)、こりん星のおかげで今お仕事があるのでぇ、感謝しつつ、あれはいい思い出として」
タモリ「ありゃ思い出になっちゃった!?(苦笑)」
小倉「あの、もう普通に、千葉県出身で」
一同「(爆笑)」

 と、しどろもどろになりながらも、こりん星終了→いい思い出→いまは普通の小倉優子です、と強引な設定変更を説明していた。そして、恒例の100人中1人を当てる質問コーナーでは、「昨日メロンパンを作った方?」という、 "ゆうこりんらしい"質問でちゃっかりドンピシャ当て。さすがゆうこりん、と感心していたら、なんと最後の友だち紹介でまでぬかりなくやってくれた。こともあろうに、紹介相手のTUBE・前田亘輝の電話番号を押し間違えて、一般人にかけてしまったのだ! すごすぎるよ、元りんごももか姫! この"持ってる"具合、同じ女として激しく嫉妬してしまった。

 常人には予測できない言動が次々とさく裂する小倉優子にあやかり、今回は「ジョナサン・ケイナーの星占い」で占ってみよう。スピ女から高い評価を受けているジョナサン・ケイナーだが、公式HP上で毎週土曜日に更新される週間占い「週間予報」は、文体が味わい深すぎて常人が理解するのには時間を要する。

 ジョナサン・ケイナーによると、8月19日のさそり座(小倉優子)は、「正確な情報を交換して会話をさっさと終わらせるよりも、相手にハッタリをかけるほうが楽しいのですね」と書かれている。え? ってことは、パンの話も、7つのお料理教室に通っている話も、こりん星終了のお知らせも、すべてハッタリ? どこまでが本当? 一方のしし座(タモリ)は、「今週新たに起こるできごとは、あなたの既成概念を打ち破るでしょう。その結果、あなたの考えや感情が劇的に変わりそうです」とのこと。確かに、常に予想の斜め上をいくゆうこりんの言動は、タモリの"既成概念を打ち破る"のには十分だったはず。ゆうこりんの登場で、もしかしたらタモリの考え方や感情が劇的に変わったかもしれないこの日のテレフォンショッキング。この日を境に、今後のテレフォンショッキングにも何か変化が起こるのかしら? 期待しちゃう! (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×柴田理恵】
テレフォンショッキング、9月2日のゲストは柴田理恵。

タモリ    1945年8月22日生まれ しし座
柴田理恵 1959年1月14日生まれ やぎ座

 長きに渡って『いいとも!』のレギュラーだった柴田理恵だが、テレフォンショッキングでの登場は実に3年ぶり。登場するなり、観客から「かわいい~!」の歓声が。えっ、柴田理恵って、かわいいか?

 それはともかく、今日のトークは長年のレギュラーで培ったタモリと柴田の阿吽の呼吸に期待。テレフォンショッキング名物(?)の、ゲストとのトークに行き詰まった際に生じる"変な間"も、今日ばかりは見られないに違いない。タモリワールドのベテラン・柴田は、タモリをどう調理するのだろうか。とか思っていたら、話題は2人の共通の趣味である料理の話に。

タモリ「柴田は料理がうまいんだよー。」
柴田「タモリさんの『口だけメニュー』ってのがあって。いいともの楽屋とかで『おー柴田、お豆腐をさ』って急に始まるんですよ! 『豆腐をこう、水を切っておいて、キュウリとたくあんと、みょうがと、ゴマと、全部みじん切りにして、混ぜるんだ。で、温泉卵だ』と言われて、ハイ! っと覚えておいて、家で作ると、本当に美味いんです!」
タモリ「そうそう、それをご飯の上にかけて醤油をたらすと、おいしい。火を一切使わなくていい丼モノ」
柴田「ねー。あっ、あとあれですよ! アジのマリネ!」
タモリ「アジのマリネ美味いねー」
柴田「オリーブオイルと、ポン酢を使うのよね!」

 アンタら、団地で暮らす主婦同士か! と思わず突っ込まずにはいられないトーク内容。もはやちょっとしたお料理番組の様相を呈してきている。タモリ秘伝の豆腐丼なんか、今日にでも我が家のお夕飯のメニューに加えたい。テンポよく、お互い楽しそうに料理の話をするふたり。さぞ相性が良いのだろう。確かめるべく、さっそく星占いでチェックしてみた。

■タモリは柴田の幸運の鍵だった!?
 奥様トークを繰り広げたタモリ柴田ペアに合わせて、今回は主婦の週刊誌「女性自身」(光文社)の占いのページをめくってみた。「女性自身」の「ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベの今週の星占い」(9/1~7)によると、しし座のタモリの今週の運勢には、「ハードな仕事もマイペースでこなせばOK!」と書かれている。確かに、いいともレギュラー期間の長かった柴田相手なら、気心も知れていてトークもしやすかったはず。今までのテレフォンショッキングゲストよりも、ずっと"マイペースにこなせた"のだろう。

 一方の、やぎ座の柴田は、なんと今週最も運が良い星座だそう。また、やぎ座にとっての今週の幸運の鍵は「しし座」。タモリはしし座。あらま、ドンピシャじゃないの! やぎ座の運勢欄には「仕事もプライベートも思いのままに展開しそう」と書かれていて、さらに注目すべきは、「火星の影響で、異性からの積極的なアプローチを受ける予感も」とな。なんだってー!? ということは、タモリは"共通の趣味=料理"を持ち出してスムーズなトークをエスコートしていたが、あれは彼なりの柴田への"情熱的なアプローチ"だった? いやいや、まさかね。あーあ、私もタモリに"情熱的なアプローチ"をされて、秘伝のレシピをもっと知りたいわ。 (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×長澤まさみ】
テレフォンショッキング、9月21日のゲストは長澤まさみ。

タモリ     1945年8月22日生まれ しし座
長澤まさみ 1987年6月3日生まれ ふたご座

 出演映画『モテキ』が好評だという長澤まさみが、『モテキ』の宣伝ポスターを引っ提げて登場。映画では森山未來を翻弄している長澤、果たしてタモリのことも翻弄できるのか!? ゲストが若手女優のときは、たいてい話が噛み合わず、微妙な空気で終わることが多いから、少々心配。

タモリ「モテキって何?」
長澤「誰しも持ってる、ある一定の時期に集中的にモテる時期で......」
タモリ「ない!」
長澤「え?」
タモリ「誰しも、ない!」

 『モテキ』はおろか、"モテ期"も知らないタモリに、「漫画原作があって、ドラマ化もしていて、それで今回映画化したんですよ」と長澤が懸命に説明をするも、「はぁ~」と気のない返事をするタモリ。かと思うと、突然「キレイになられましたね」と長澤の容姿を褒め始めた。『モテキ』の宣伝の時間、もう終わり!? タモリったら、大事な宣伝タイムをあっさり流しちゃったよ!

 その後も、ゆっくりしたスピードで当たり障りのないコメントをする長澤を、どう扱っていいのか探り探りだったのか、いまひとつテンポは上がらずトークが進んでいく。「20代のうちにやっておいた方がいいこと」というトークテーマでは、

タモリ「女性は美容に気を遣った方がいいよね。20代のうちの基礎がその後に響くから」
長澤「がん、ばり、ます!(ウィスパーボイスで)」
タモリ「森進一のマネしてんの? ぐぁんぶぁりまぁす!(森進一のマネをしながら)」

 と、20代前半の若い女の子には分かりづらいイジリをするタモリ。同じテーマでトークは続き、

タモリ「え、焦ってんの?」
長澤「いえ、焦ってるわけじゃないですけど、タモリさんとお話する機会ってなかなかないから、先輩からありがたいお言葉を聞けたらな、と」
タモリ「ほーう。私からお話を聞きたい? じっくりとー時間ツクリマショーカー?(変な口調で)」

 だんだん、なんだかよく分からない方向にタモリがボケをかまし始めた。長澤まさみがあまりに平凡なトークをするから、今日はタモリ自身がピエロ役に徹しようと頑張ってるのかな? 健気なタモリ......。

 トークを見るに、お世辞にも相性が良かったとは思えない2人。この日の運勢はどうだったのだろうか。せっかくなので、『モテキ』と絡めて、恋占いのエース雑誌『恋運暦』(イーストプレス)でチェックしてみよう。

 まず、ふたご座・長澤は、「本音を隠しながらうまくグループの中でいい位置を占める。そんなふたご座の得意技がことごとく裏目に出る危険性あり」とな。ほほう、つまり、最初から最後まで毒も見どころもなかったトークは、長澤が"本音を隠しながら"話してたからなのね。ちなみに、10月7日までのふたご座は、「自ら進んで汚れ役や汗かき仕事を買って出ることで、周囲の人気と信頼を獲得できるばかりか、自分の才能や『その先』を感じることができる」のだそう。今後、長澤まさみの"汗かき仕事"に期待!

 一方のタモリはというと、「ニガテの克服。これが今月のしし座の重要なテーマ」だって。どちらかというとゲストの中ではニガテな部類に入るであろう、若手女優とのトークを克服すべく一生懸命になるあまりに、森進一発言やら変なしゃべり口調やら、謎のボケを連発してたのかしら? 頑張ったんだネ、タモリ☆ この、しし座の"ニガテの克服"も、『恋運暦』によると、10月7日まで続く現象だとのこと。10月7日までは、たとえテレフォンショッキングのトークが盛り上がらない回があっても、「あ、今タモさん、ニガテの克服中なんだわ。ファイト!」と菩薩のような気持ちで見てよ~っと。 (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×リリー・フランキー】
テレフォンショッキング、9月22日のゲストはリリー・フランキー。

タモリ         1945年8月22日生まれ しし座
リリー・フランキー 1963年11月4日生まれ さそり座

 タモリとリリー・フランキーだなんて、どう転んでも安心して見ていられる組み合わせ。トークは舞台『クレイジーハニー』で、リリー・フランキーが"長澤まさみの親友のオカマ役"を演じたことから、オカマの話に。稽古期間を含めて、3カ月間ずっとスネ毛を剃り、マニキュアも塗りっぱなしだったリリー・フランキーが、オカマライフについてとうとうと語り始めた。

リリー「オカマとして生活してると、定期的に読んでるエロ本も、『アラやだ、何これ』って気分になってくるんですよ」
タモリ「フハハハハハ!!」
リリー「ウイスキーが出てくると、『ヤダ、茶色い色のお酒なんかダメ』とか言っちゃって、相当私生活に影響を来してましたね」
タモリ「なんかちょっといつもと違うよね? 手、こうなるよね(オカマっぽい手を重ねあわせる動きをしながら)」
リリー「まだ抜け切れてない」

 タモリは、オカマに興味津々なのか、単にリリーが話しやすいからなのかは知らないが、オカマの話をどんどん掘り下げていく。オカマトークにグイグイ食い付くタモリに、リリー・フランキーも気を良くしたのか、楽しそうにオカマエピソードを語る。

リリー「女性からのメールはあんまり返さなかったですね。逆に男性からのメールにはギラギラした気持ちで返したりとか」
タモリ「うぇぇぇ! そんなになるもんなの?」
リリー「これ以上、オカマ役を長期間やってたら戻れなくなってましたね(笑)」
タモリ「俺思うけど、男は誰でも、女の部分って持ってるよね」
リリー「役作りでも、オカマの友達のマネをして演じるのではなく、自分の中の女の部分が出てくるのを待ってましたね」
タモリ「ブッ! ハハハハ! で、出てきた......?」
リリー「出てきました。共演の(長澤)まさみちゃんを見て、『あの女ばっかりキレイにして! チッ』とか思ったりして(笑)」

 この調子で、なんとテレフォンショッキングの約10分間のトークは、すべてオカマの話に終始してしまった。しかし、トークが滑らかに進むのなんの。両者ともテンションは高くないが、妙な沈黙もなく、流れるように場が進行するのは、さすがのタモリとリリー・フランキーの組み合わせ。相手が若手女優やアイドルではこうはいかないだろう。

 さて、今日はオカマトークに花が咲いたということで、女性誌の代表格「CanCam」(小学館)10月号に掲載されている「気学鑑定士のKOHCHパパのオリジナル"KOHCH気学"」でタモリとリリー・フランキーの運勢を見てみよう。生まれ年で見る"KOHCH気学"、1945年生まれのタモリと、1963年生まれのリリーを調べてみると、アラやだっ、なんと2人とも同じ一白水星! 「運気はとても安定していて、仕事や金銭面も順調です」と良いことばかり書かれている。これならあのトークの盛り上がりぶりも納得。ひとつ気になるのは、「焦らずにゆっくり人間観察をして、今後の関係に生かしてください」と書いてあるところ。オカマトークでキャッキャしていながらも、裏側では互いの観察、腹の探り合いをしていたのかしら? 「オカマがまだ抜けきっていない」というリリー・フランキーが、タモリをソッチ方向の"今後の関係"の対象として見ていませんように。 (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×和田アキ子】
テレフォンショッキング、10月19日のゲストは和田アキ子。

タモリ     1945年8月22日生まれ しし座
和田アキ子 1950年4月10日生まれ おひつじ座

 しし座とおひつじ座、12星座の中でも1、2を争う激しい性格な両者。『an・an特別編集 G・ダビデ研究所のパーフェクト相性BOOK』(マガジンハウス)によると、しし座の基本性格は「リーダー格、常に堂々としている」、おひつじ座の基本性格は「負けず嫌いで、自我が強い」と、とにかく派手な性格の持ち主たち。いずれも火のエレメンツ(火のエレメンツ=おひつじ座、しし座、いて座)で、相性も良いとされる組み合わせだ。

 それだけに、タモリと和田アキ子のペアには期待できるはず――と、ワクワクしながらテレビをつけた。 宣伝用に、11月に発売予定のニューアルバムのポスターを持参した和田アキ子。自由の女神のごとく右手を高く掲げているポスターを見たタモリは、さっそく悪ふざけを始めた。

タモリ「このポスター、月に向かって吠えてるんでしょ?」
和田アキ子(以下、アッコ)「オイ。吠えてねーだろ」

さらには、タモリの目には"月に向かって吠えている猛獣"に見えるらしいポスターのアッコを真似て、「フレミング右手の法則」と畳み掛けるようにしてからかう。思わず、手を振り上げるアッコ。慌てたタモリは、アッコの手から逃げながら、

タモリ「ここは暴力禁止ですから!」
アッコ「ちょっと待って下さい、一回も暴力ふるってません!」
タモリ「今、殴ろうとしましたー!」
アッコ「う、うぇ!?」
タモリ「なーぐろーとしましたー!!」
アッコ「ちょ」
タモリ「殴ろうとしましたー! この人は僕を殴ろうとしましたー!」

 ......あんたら、小学生か? その後も、和田アキ子は気分が良くなってきたのか、唐突に「ナーナーナーナー♪」と大声で歌い出したり、おとなしく相槌を打っていただけのタモリをブンブン殴ろうとしたり。アッコよ、感情が高ぶったからって、何の罪もないタモリを殴っちゃいかん。これで歌が下手だったらただのジャイアンだよ......。ボエー。

 しかし、タモリも負けてはいない。その日、和田アキ子が身に付けていた黒いスヌードを指さして「古タイヤですか?」と反撃。今まで、和田アキ子のジャイアニズムを手なずけられるのは、この世で勝俣州和だけかと思っていたが、タモリのアッコ操縦術もなかなかのもの。どんなにタモリに憎まれ口を叩かれても、「タモちゃん、タモちゃん」と愛情込めてタモリを呼ぶアッコ。殴られそうになりつつも、めげずにからかい続けるタモリ。ああもう、この2人、もし小学生だったら絶対両思いだわー。それで、小学6年生くらいから甘酸っぱいお付き合いを始めて、中学2年生くらいでお互いに思春期の気恥ずかしさで話さなくなり、自然消滅するわー。

 冒頭の『an・an特別編集 G・ダビデ研究所のパーフェクト相性BOOK』で、もう少し詳しく2人の相性を見てみると、おひつじ座の和田アキ子にとって、「しし座とは、ともに切磋琢磨できる関係が築けるでしょう。また、おひつじ座は自我の強さで敵を多くつくるかわりに、熱烈な支持者もいます。それがしし座」と相性抜群な存在のよう。和田アキ子が、"自我の強さ"ゆえに、唐突に歌い出したり、殴ろうとしたりしてきても、しし座のタモリはアッコのことを"熱烈に支持"してしまうのだろう。それもそのはず、テレフォンショッキングは、CMを入れてもトータル10分程度で終わることが多いにも関わらず、この日は15分を超えていた。タモリも和田アキ子も、ちょっとでも長い時間、好きな子と一緒にいたかったってことね。甘酸っぱ~い。 (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×平原綾香】
テレフォンショッキング、2月20日のゲストは平原綾香。

タモリ    1945年8月22日生まれ 獅子座
平原綾香 1984年5月9日生まれ 牡牛座

 見る前から、やや不安な組み合わせではあった。というのも、過去に本連載で紹介した、「長澤まさみ×タモリ」、「山田優×タモリ」など、テレフォンショッキングにおいて、若い女性とタモリの組み合わせだと、タモリの空回りに終わることが多いからだ。真面目でおとなしいイメージの平原綾香とタモリのペアだと、今回も、無難なトークをする平原の引き立て役となるべく、タモリが暴走するパターンかもしれない。

 かと思ったら、最初の数分は、デビュー当時から今に至るまでの話を、マイペースに淡々と語る平原の調子に合わせて相づちを打つタモリ。可もなく不可もなく、事件も起こらずに進んでいった。雲行きが怪しくなってきたのは、平原が学生時代に学んでいたサックスに関する話題になってから。

タモリ「クラシックのサックスって、ジャズサックスと全然音違うよね?」
平原「ジャズと全然違いますよね。奏法も違うし。クラシックのサックスは......なんだろう? 『ポー......』みたいな音?」
タモリ「サックスっていうとこぉんな感じだけど(ジャズサックス奏者の真似をしながら)、クラシックは『......ポーポーファーファー......』(ポヤーンとした様子で)」
平原「そうなんですよね」

 "面白おかしくサックス奏者をまね"というタモリの渾身のギャグを、平原は無表情でスルーしてしまった! スタジオはちゃんと笑い声で沸いてるよ! 平原さん、気付いてあげて!!

 天然マイペースな平原は、あくまでも真面目に、淡々とサックス奏法の説明を続ける。この過程で、クラシックサックスと、ジャズサックスの吹き方の違いを、親指をくわえるポーズをしながら解説した。その直後「な、なんか! 恥ずかしー!」と頬を手で覆う平原。平原本人は、この一連の動作に、どれだけの視聴者がグッときたか、まるで分かってないんだろうな。やだっ、天然って恐い!

 この後、平原は、タモリがトランペットを『いいとも!』で吹いていた動画を見たことがある、という話をしはじめた。

タモリ「え? そんな映像があるの?」
平原「はいー(微笑みながら)」
タモリ「あっ! なるほど、あそこですね!(笑)」
平原「はい、ウフフフフ」

と、テレビ関係者としてのマナーか、YouTubeの名前は決して出さずにトークを運ぶ、大人な2人が垣間見えた。さらに、平原は最近新しく始めたこととして、ボイスパーカッションの見事な腕前を披露。このテレフォンショッキングの数分の間に、「天然・かわいい・大人・特技持ち」と、女としてこれ以上ないスペックをアピールすることに成功していた。

 基本的には、お互いスベって大やけどをすることもなく、ゲスト・平原の魅力を余すところなく出し切っていた今回のテレフォンショッキング。2人の相性は非常によかったのかも。平原の代表作「Jupiter」にあやかり、最もベーシックな星占いである、西洋占星術で占いをチェックしてみよう。

 サイト「msn 西洋占星術 12星座占い」によると、獅子座のタモリは、この2月は「洗練された美しさを持つ芸術にふれることが幸運の鍵。特にクラシックなものは吉」ですって。クラシックなイメージの強い平原綾香は、今月のタモリにとってうってつけの存在だったのね! ところが、平原の星座・牡牛座の2月20日の仕事運には、「仕事の嫌な部分を、目の当たりにすることもありそう」との記述が......。恥ずかしいのを我慢してサックス奏法を解説するのも、ボイスパーカッションを披露するのも、本当は嫌だったのかしら? オトナな平原綾香は、たとえ嫌でも顔に出さないでしょうけれどね! ええ、デキすぎな平原綾香への、女の嫉妬ですよ! (文/朝井麻由美)

--------------

【タモリ×小池栄子】
テレフォンショッキング、4月11日のゲストは小池栄子。

タモリ    1945年8月22日生まれ 獅子座
小池栄子 1980年11月20日生まれ 蠍座

 今週からいいとものテレフォンショッキングで、「友達紹介スタイル」が廃止された。この革命的な方針変更に、一部メディアが裏事情を探るべく大騒ぎしているが、そんな下々の者たちの声はどこ吹く風、今日もいつもとさして変わらないテレフォンショッキングが始まった。

小池栄子(以下、小池)「石垣島ラー油っていうのがあって。食べるラー油ブームの先駆けになったラー油で、石垣島の人が一生懸命作ってるんですよ」
タモリ「あー、あったねー。ていうか、食べるラー油ってあれ何なの! もともとラー油は食べ物じゃんねぇ。わざわざ“食べる”ってつけなくてもさ」
小池「そうですね(笑)。食べ物ですよね(笑)」

 タモリの“食べるラー油シリーズに対する謎のいちゃもん”に困った顔ひとつ見せず華麗にさばく小池。タモリも、小池栄子が相手だとやりやすいのか、CM中も盛り上がって、本番に入ったことに2人して気付かなかったようだ。

小池「(小池が、カメラ目線ではないタモリとの気の抜けたトークからハッと気づく)えっ!? これもう本番入ってる?」
タモリ「入ってます入ってます」
小池「やーめーてー!」
タモリ「この番組ね、ADがね、秒読みしないの。だからわかんないの」
小池「(ADに向かって)だから僕は何も悪くありませんみたいな顔してるんだ?(笑)じゃあカメラ回ってるならちゃんとこっちのキレイに写る角度でしゃべるワ」
タモリ「(ダラーンとした変顔をしながら)さっきなんて気ィ抜いてしゃべってたね」

 そして、小池はいつも渋谷で買っているお気に入りのよもぎ餅(たねや)を紹介。小池に勧められるままに、タモリは大きなよもぎ餅をモニュモニュと食べ始めた。か、かわいいじゃないか、タモリ! タモリに上手に会話の調子を合わせたり、おいしい和菓子をたんとお食べとタモリに差し出したり、何かとソツのない小池栄子。それは小池の素なのか、来週からの新ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で演じる秘書役の役作りなのか。

 今回は、小池が新ドラマで弁護士の秘書役を演じるということなので、デキ女のバイブル的サイト『日経ウーマンオンライン』内、「ステラ薫子のタロット占い&運気アップのコツ」でタモリと小池栄子の相性をチェックしてみよう。

 すると、それぞれの生年月日から割り出されたタロットは偶然にもいずれも「皇帝 - The Emperor -」。この「皇帝 - The Emperor -」に書かれている4月の運勢によると、小池栄子に当てはまりそうなのは、この部分だ。「肩の力を抜いて優しく相手を見つめましょう」。トーク中、タモリからのどんなボールも打ち返し、しまいには小池から母性すら感じたのだが、あれは占い通りに“肩の力を抜いて優しくタモリを見つめた”結果でしたか!

 タモリのほうはというと、「等身大の無邪気なあなたでいるほうが好感を持たれます」だって。よもぎ餅をモニュモニュ頬張る姿なんてまさにその通り! ちなみにタモリは、最後の『ゲストが予想! 100人中何人!?』のコーナーで、「親戚に弁護士がいる人?」の質問で失敗していた小池を尻目に、「親戚に犯罪者がいる人?」と観覧客に質問をしてキャッキャとふざけていた。無邪気~! (文/朝井麻由美)

--------------

※2011年8月~2012年4月公開記事です。
本記事の過去リンクはこちら(現在はリンク切れ)

興味の有無が露骨なタモリが山田優に矢継ぎ早に質問をぶつけたワケ
http://happism.cyzowoman.com/2011/08/post_55.html

『いいとも!』打ち切りに拍車をかけるか!? トーク中、何もせずただ頷くだけのタモリ
http://happism.cyzowoman.com/2011/08/post_65.html

えなりかずきがタモリのために首を寝違えて登場!?
http://happism.cyzowoman.com/2011/08/post_80.html

結婚目前の小倉優子、キャラ変更もこりん星終了のお知らせも全部ハッタリ!?
http://happism.cyzowoman.com/2011/08/post_83.html

タモリ流・愛の告白!? 得意の料理ネタで柴田理恵に情熱的なアプローチ
http://happism.cyzowoman.com/2011/09/post_110.html

今後の『いいとも!』絶不調? ニガテ女優・長澤まさみの登場でバレたタモリの問題
http://happism.cyzowoman.com/2011/09/post_154.html

オカマに目覚めたリリー・フランキー、水面下でタモリを"ソッチの世界"に誘いこむ
http://happism.cyzowoman.com/2011/09/post_155.html

まるで小学生のじゃれ合い? タモリと和田アキ子の甘酸っぱいカンケイ
http://happism.cyzowoman.com/2011/10/post_204.html

平原綾香が親指をくわえる姿にドキッ! タモリと平原が相性抜群だった理由とは?
http://happism.cyzowoman.com/2012/02/post_525.html

新テレフォンショッキングでトンデモない質問をしたタモリ、無邪気に大暴走!?
http://happism.cyzowoman.com/2012/04/post_668.html

« 「占いにはタネも仕掛けもある!」メンタリストDaiGoが指南する占いとの付き合い方 | トップページ | オープンきっかけは浮気? 悩める女の救世主、ゲイが運営するヒーリングサロンを直撃! »

「ハピズム」コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1118397/53888395

この記事へのトラックバック一覧です: お昼休みはスピ的ウォッチング♪:

« 「占いにはタネも仕掛けもある!」メンタリストDaiGoが指南する占いとの付き合い方 | トップページ | オープンきっかけは浮気? 悩める女の救世主、ゲイが運営するヒーリングサロンを直撃! »

【仕事経歴】

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ