« 2013年12月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年1月

最強の開運スポット!? 縁起物フルコースが堪能できる「招福展×百段階段」

※2013年12月で閉鎖した「ハピズム」というサイトで書いていた記事の転載です。

 さあ、誰もが1年で最もやる気になる時期がまたやってまいりました! 新年です。忙しい忙しい、寒い寒い、とぶつくさ言っていた12月から心機一転、気が高ぶって、おろしたての手帳に新しい目標などを書き連ねてやいませんか? 私は書き連ねています(高望みしすぎて達成できなかった、昨年の目標リストをそっと引き出しにしまいながら)。

 新年らしく、ありがたいものに触れて幸先をよくしたい! ということで、名だたるパワースポットも真っ青の、最強の開運スポット「招福展×百段階段」(目黒雅叙園~'13年1月14日まで開催)へ行ってきました。日本最大級のパワーストーンや、開運アイテムが160点も並ぶこの展示イベント。大量の縁起物よ、オラの2013年に力を!

 展示会場へ入ると、いきなり大勢の招き猫と小判たちがお出迎え。この展示イベントが生易しいものではないことを物語っています。
Syoufuku1
一度にこんな数の招き猫、見たことない……

 そして、最初の部屋「招福の世界」(十畝の間)は、招き猫どころの騒ぎじゃありませんでした。鯛やカエル、ふくろう、椿といったあらゆる招福アイテムが並べられ、つるし飾りのブースがあり、干支や七福神の置物がびっしり。
Syoufuku2
Syoufuku3
Syoufuku4
Syoufuku5
Syoufuku6
 なんと、これらの置物はすべて一般のコレクターの方からの貸出だと言います。財力の格差を目の当たりにして鬱屈としかかったところ、心に平穏をもたらしてくれたのは、この巨大おせちでした。
Syoufuku7
 このおせちは、展示スタッフの方々の手作り。段ボールから型をとって、ひとつひとつ作られた努力の逸品。いい話です。
Syoufuku8
夜なべして段ボールを切って貼って……泣ける

Syoufuku9
よく見るとレンコンの穴がいびつでいい味出してます

Syoufuku10
海老の目玉はペットボトルの蓋でできている

 その後、「二木屋流 五節供の室礼」(漁樵の間)の節句に関する展示を経て、「パワーストーンとパワーアクアリウムの世界」(草丘の間)へ。部屋の中央では、パワーストーンが敷き詰められたアクアリウムを写真に撮ろうと我先にとカメラを構える人だかりが。ここのスポットだけ妙に撮影されているのは、アクアリウム内のブラックトルマリン(魔除け石)、アメジスト(健康の石)、金針ルチル(金運の石)、ローズクォーツ(恋愛の石)の4種類を1枚の写真に収めるだけで、総合全体運アップの“パワーフォト”になるため。なぁんだ撮るだけでいいのね、と思いきや、アクアリウムの構造上完璧に4種類を写すのは困難を極め、奮闘するも……撮れない。妥協の1枚がこちら。

Supufuku11
特に強化したい運勢の石のみを写しても良いのだそう

 石が写っているというよりも、光が写っているだけに思えてなりませんが、展示スタッフさんはOK判定。高価なアイテムを快く貸し出すコレクターといい、招福の世界に生きる人々は寛大です。水槽の中で泳ぐ魚には見向きもせず、石の写真撮影にばかりかまける来場客の業の深ささえ、暖かく包み込んでくれます。

Syoufuku12
こんな特大の金針ルチルもありました

 その後、さらに「風水の世界」(静水の間)、「縁起物の世界」(星光の間)、「龍とアメジストの世界」(清方の間)と部屋が続くのですが、これらすべての部屋を繋いでいるのがこの会場「目黒雅叙園」名物の「百段階段」。階段をのぼりきると、いよいよ日本最大級のローズクォーツを触れる頂上の間です。
Syoufuku13
百段階段。実際は100段ではなく、末広がりの意味を込めて99段

Syoufuku14
階段途中にあるお手洗いの小部屋にまで縁起物が

 巨大ローズクォーツの前に、水晶さざれを触れるコーナーに、さざれ石が床にびっしり敷き詰められているゾーンが広がっていました。これでもか、とパワーストーンの限りを尽くしたゾーンで圧倒し、トドメを刺すかのごとく巨大ローズクォーツを見せつけてくるという演出のようです。ニクい奴!

Syoufuku15
このツルツルの手触りがたまらない

Syoufuku16
雪景色のよう

 最後に、直径約35cmの日本最大のローズクォーツをたっぷりと触って、展示は終了。

Syoufuku18
タッチ!!

 とにかく一生分のパワーストーンに、あらゆる縁起物を味わえるこの「招福展×百段階段」。フレンチのフルコースに高級寿司、霜降りのサーロインステーキを一度に食べ尽くしたらこんな気分になるのでしょうか。これが、財を築いた選ばれし者が普段感じている世界なのでしょうか。今の私なら、目の前にあるのがフォアグラだろうとウニだろうと、ホイホイ他人に差し出しそうです。縁起物をホイホイ貸し出す資産家のように。大量の縁起物の力によって、束の間の富豪プレイを楽しめる空間がそこにはありました。(取材・文/朝井麻由美)

※2013年1月公開記事です。本イベントはすでに終了しているイベントです。
本記事の過去リンクはこちら(現在はリンク切れ)

http://happism.cyzowoman.com/2013/01/post_1730.html
http://happism.cyzowoman.com/2013/01/post_1730_2.html

« 2013年12月 | トップページ | 2014年4月 »

【仕事経歴】

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ついったー

  • Twitter
無料ブログはココログ